銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ウィンブルドン現象とは

外資系企業に国内市場を占有されながらも市場活性化が進むこと。表面的なニュアンスは日本のことわざの「庇(ひさし)を貸して母屋(おもや)を取られる」に近いが、実質的に経済上の利益につながることを意味する。 テニスの4大国際大会の一つ「ウィンブル…

ウィルシャー5000とは

米国のウィルシャー・アソシエイツ社が算出・公表する、米国の代表的株価指数のひとつ。米国のニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、ナスダック市場で取引される、米国に本店を置く全ての企業を対象とする米国株式市場を最も広範にカバーする指数…

IFRS(いふぁーす) とは

IFRSとはInternational Financial Reporting Standardsの略で、国際財務報告基準を指します。これは国際会計基準審議会( IASB)によって設定された会計基準の総称です。従来、会計制度は国ごとに異なるのが当然と考えられてきましたが、資本市場のグローバル…

移動平均乖離率とは

終値と指定期間(通常、5日・25日・13週・26週のいずれか)の移動平均線の平均値がどれだけ離れているかを数値化したもの。株式の買われ過ぎや売られ過ぎの判断材料に使われる。終値が指定期間の移動平均値より高い場合には、移動平均乖離率はプラスとなり、…

一般信用取引とは

信用取引には制度信用と一般信用の2種類があり、一般信用取引とは返済期限や逆日歩(株式が不足した際、買い方が売り方に調達コストとして支払う品貸料)などを証券会社が顧客との合意に基づき、自由に決められるものを指します。制度信用の返済期限が6カ月…

一服とは

相場の動きが一時的に止まることです。 (出典 カブドットコム証券ホームページ) 相場(株価)の動きが一時的に止まること。上げた後止まれば「上げ一服」、その反対を「下げ一服」などという。前日の米国株が上げ一服となり、本日の日経平均株価は、過熱感も強…

委任状闘争とは

株主総会の議案について、会社提案を否決させるため、または株主が会社提案と異なる議案を提案し(株主提案)、株主提案を可決させるために、株主総会における賛成票獲得を目指して委任状の取得を会社の経営陣と争うことを委任状争奪戦という。 (出典 野村證…