銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

2018-05-01から1日間の記事一覧

仮想通貨(Cryptocurrency,Virtual currency)とは

① 以下のすべての性質を有する財産的価値a 不特定の者に対して代価の弁済に使用でき、かつ、不特定の者を相手に法定通貨と相互に交換できるb 電子的に記録され、移転できるc 法定通貨又は法定通貨建ての資産ではない② 不特定の者を相手に上記①と相互に交…

デュー・ディリジェンス(Due Diligence)とは

融資団のために行われる、融資対象不動産についての詳細かつ多角的な調査のことをいう。SPCが発行する社債の信用度評価のために要請される建物状況調査、環境調査、法的調査、市場調査などがその主要なものである(Due=「当然支払うべき」、Diligence=「努…

エンジニアリングレポート(Engineering Report)とは

新設物件にせよ既存物件にせよ、融資対象となる建物の質については、物件の耐用期間、設備機械関連、構造上の特色、長期修繕費用等につき、建築物として償還期間中継続的に想定のキャッシュフローを生むに耐えうるものであるかという観点から、中立的な第三…

オリジネーター(Originator)とは

債権を最初につくりだした原債権者をいうが、アセットファイナンスの場合は、流動化するための資産を所有していた企業のことをさす。オリジネーターは、資産を流動化した後は、SPCからの倒産隔離の要請から、施せる信用補完は一定程度に限定されるが、匿名組…

オペレーティングリース(Operating Lease)とは

企業が資産をリースしている場合に、その資産の所有権が企業になくても、そのリースが実質的には資産保有と同様の効果を生じている場合には、リース資産を通常の資産と同様資産計上する、というのがリース会計の考え方であり、リースであっても資産計上すべ…

ファイナンスリース(Finance Lease)とは

企業が資産をリースしている場合に、その資産の所有権が企業になくても、そのリースが実質的には資産保有と同様の効果を生じている場合には、リース資産を通常の資産と同様資産計上する、というのがリース会計の考え方であり、リースであっても資産計上すべ…