銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

2018-05-06から1日間の記事一覧

LLCとは

Limited Liability Company の略で、合同会社のこと。 (出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順)) 人材集約型の産業分野での起業促進を目的に導入された、新たな会社類型。出資は株式会社と同様だが、内部のルールは組合と同様に自由度が高い。 (…

DSCRとは

Dedt Service Coverage Ratio の略。ある一定期間の純営業利益(NOI)を同期間の借入金の元利返済額で割って求める借入金返済の安全度を測る尺度で、「借入金償還余裕率」「返済余力割合」のこと。事業への資金融資の合理性の判断、DCF 法によって求めた不動…

クロージング(Closing)とは

不動産の証券化取引では、通常の売買取引に比較して多くの作業・手続きを要し、準備すべき契約書類も膨大な量となる。また、スキームの組成からSPCの設立、各種ドキュメンテーションといった作業を関係者が分担し、時に並行して作業する必要があることから、…

適格機関投資家とは

適格機関投資家というのは、金融商品取引法第2条3項1号で規定している「有価証券に対する投資に係る専門的知識及び経験を有する者として内閣府令で定める者」を指します。法律で認められている投資の専門家になり、金融商品取引法上の行為規制の適用が一部除…

機関投資家とは

資産運用のプロで、個人等の一般投資家以外の投資家をいう。証券投資による収益を重要な収益源とする生命保険会社、信託銀行、投資信託が代表的であるが、その他に企業年金基金、農林系金融機関、損害保険会社等がある。また、簡易保険、公的年金基金(年金…

DCF(Discount Cash Flow )法とは

Discount Cash Flow 法の略で、一般的には「ディーシーエフ法」と読む。連続する複数の期間に発生する純収益及び復帰価格を、その発生時期に応じて現在価値に割引き、それぞれを合計する方法。不動産鑑定評価基準(2003 年改正施行)において、収益還元法に…

還元利回りとは

純収益(NOI)を元本に変換する際に用いる利回り。すなわち、純収益=元本×還元利回り。不動産の鑑定評価(Valuation)の際に、その不動産から生じる純収益を、還元利回りで割れば、その不動産の評価額が算出される。キャップレートともいう。(例)純収益が…

資産の流動化に関する法律(資産流動化法)とは

1998 年9 月「特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律」が施行され、2000 年5 月には同法を改正し、スキーム上の制約等を改善した「資産の流動化に関する法律」(SPC 法という)が成立した。特定目的会社(TMK)や特定目的信託を用いて資産を保有し…

オポチュニティファンド (Opportunity Fund)とは

リスクとリターンのバランスにより分類した不動産投資戦略のひとつで、好機補足型のファンドのことをいう。オポチュニティファンドは、リスクを冒しつつ非常に高い利回りを目指すのが特徴で、対象不動産は無制限、投資期間も特に限定されず高水準のレバレッ…

ノンリコース(Non- Recourse)とは

リコースとは遡求を意味する。融資対象プロジェクトにつき、その返済を親会社の保証に依存(=遡求)することなく、子会社であるSPCが当該事業から生み出す収益及びプロジェクト資産のみに依存することをいう。リミテッドリコースもほぼ同義である。プロジェ…

バルーン(Balloon)とは

融資の返済方法において、最終回の支払が大きい場合の当該支払をバルーンという。満期一括償還(Bullet)の場合がその典型例である。 (出典 日本政策投資銀行ホームページ) 返済額が後になる程増加する返済方式 (出典 金融庁ホームページ)

直接還元法とは

収益価格を求める収益還元法によるひとつの手法。不動産鑑定評価基準において定められた収益還元法には、直接還元法とDCF 法がある。直接還元法は、一期間の純収益を還元利回りによって還元する方法。 (出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順)) …

取引事例比較法とは

原価法、収益還元法と並び、物件価額(Value)を求める鑑定評価の代表的な一手法であり、多数の取引事例を収集して適切な事例の選択を行い、これらに係る取引価格に必要に応じて事情補正及び時点修正を行い、かつ、地域要因の比較及び個別的要因の比較を行っ…

私募REITとは

非上場オープンエンド型不動産投資法人 (出典 三井住友トラスト基礎研究所ホームページ) 非上場オープンエンド型不動産投資法人の略称として使われることが多く、投資法人の仕組みを利用して、不動産(不動産信託受益権)の運用を行う不動産ファンドの一つ。…

私募ファンド(プライベートファンド)とは

複数の投資家から募集した資金を不動産に投資する不動産投資ファンドのうち、特定又は少数の機関投資家等から資金を募る形態のものをいう。金融商品取引法では、特定の適格機関投資家等から対象とするものを「適格機関投資家私募(プロ私募)」、少数(50 人…

貸出条件緩和債権とは

経済的困難に陥った債務者の再建又は支援を図り、当該債権の回収を促進すること等を目的に、債務者に有利な一定の譲歩を与える約定条件の改定等を行った貸出債権 (出典 金融庁 金融検査マニュアル 平成29年5月) 貸出条件緩和債権については、銀行法施行規…

セールアンドリースバック(Sale and Lease Back)とは

不動産流動化において、不動産の原所有者が、当該不動産を第三者に譲渡した後、又は不動産を信託してその受益権を第三者に譲渡した後、譲受人から賃借し、継続して譲渡不動産を使用すること。 (出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順)) セール・…