銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

2018-05-22から1日間の記事一覧

投資法人資産運用業とは

会社型投資信託において投資法人の委託を受ける資産運用を行う法人のことをいう。投資法人はいわゆるペーパーカンパニーであるため、資産運用はこの会社で行うことになる。 (出典 大和不動産鑑定ホームページ)

特定持分信託とは

特定資本の持分を信託銀行に信託する制度。この信託は資産流動化計画と同じ期間となり、委託者(特定資本の持分所有者)は受託者に対して信託した持分の管理について指図、変更ができない。慈善信託と同様な効果をもつ法制度が日本に存在しなかったため、SPC…

アクティビスト・ファンドとは

アクティビスト・ファンドとは、投資先の企業価値を高めるために企業に様々な提案を持ちかける投資家、もしくは投資ファンドのことを指す言葉です。物言う株主とも呼ばれます。特定の企業の株式を一定数獲得して投資先への発言権を得た上で行われる活動で、…

アクティビストとは

英語表記はActivist。株式を一定程度取得した上で、その保有株式を裏づけとして、投資先企業の経営陣に積極的に提言をおこない、企業価値の向上を目指す投資家のことをアクティビストという。いわゆる「物言う株主」で、経営陣との対話・交渉のほか、株主提…

特定出資とは

特定目的会社の資本に対する出資のうち、特定目的会社を設立する発起人が設立の際に振込みを行う出資のこと(資産流動化法2条)。 出資者は出資の金額を限度とする有限責任を負う(同法27条)。特定出資を行ったもの(特定社員)は、特定持分の全部又は一部…

導管体とは

資産(不動産)の証券化に当たってSPEが満たすべきとされる要件の一つで、資産(不動産)から得られた利益をそのまま投資家に配分するための機能をいう。 通常、法人が事業利益を得るとその利益に対して法人税が課せられるが、税を支払えば投資家に配分でき…

特定資本とは

TMK設立のため当初出資される資本金のことをいう。新SPC法では10万円が最低資本となった。配当及び残余財産の分配は優先出資証券に対し劣後する。 (出典 大和不動産鑑定ホームページ)