銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

2018-05-26から1日間の記事一覧

CR(Capitalization Rate)とは

不動産を証券化する際に使用される、収益を現在価値に直すための期待利回り。不動産における収益は一定ではないため(リスクがある)ため、他の安全な資産と比較して高めに設定される。なお不動産売却時におけるリスクに対する期待利回りはターミナルキャッ…

ADR(Average Daily Rate)とは

客室1室あたりの販売単価であり、客室売上を販売客室数で除した値である。例えば、全客室の売上が150万円で利用された客室数が75室であれば、ADR(平均客室単価)は2万円となる。 (出典 デロイトトーマツホームページ) 1室1日あたりの平均客室単価のこと。こ…

ABS(Asset Backed Securities)とは

資産担保証券(ABS:Asset Backed Securities)とは、商業用不動産担保ローンや住宅ローン、自動車ローン、リース、クレジットカードなどに関する貸付金銭債権等の資産を裏付けとして発行される証券の総称です。典型的なスキームとしては、ある企業が特定目…

変動賃料(歩合賃料)とは

入居しているテナントの営業成績によって賃料が変わる賃貸借契約のこと。貸主が営業成績を把握しやすい店舗での契約で利用される場合が多い。 (出典 大和不動産鑑定ホームページ) 歩合賃料とは・・・オフィスの賃料とは異なり、主に商業施設で適用される賃…

優先出資証券とは

優先出資証券は、「協同組織金融機関」が自己資本の充実を図るため、会員からの普通出資を補完するものとして、広く一般から出資を募る目的で発行するものです。株式会社の株式にあたる「出資証券」という有価証券のうち、優先株と同様に、議決権がない代わ…

リノベーションとは

機能、価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修。 古くなった住まいを、いちから創り直して価値を高めること。 マイナスの状態だった古い住まいを“ゼロ”に戻すのがリフォームだとすると、リノベーションは機能性やデザインと…