銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

2018-11-19から1日間の記事一覧

基準価額とは

日々算出される投資信託の価額のこと。投資信託に組み入れられている株式や公社債等をすべて時価評価し、公社債等の利息や株式の配当金などの収入を加えて資産総額を算出する。この資産総額から、信託報酬などの必要な費用を差し引いて純資産総額が算出する…

基軸通貨とは

基軸通貨とは、外国との貿易や資本取引などの経済取引において、その決済手段として用いられる通貨で、各国通貨の価値基準となる通貨のことを言います。基軸通貨は、通貨価値が安定していることが求められます。現在は米ドルが基軸通貨となっており、通貨の…

起債とは

債券を発行すること。 (出典 野村證券ホームページ) 起債は事業を始めるために必要であり、これがなければまず株式を買うための事業が成立しないといっても良いものなのでとても大事です。全ての株の始まりといってよく、上場する際に必ず行われることです。…

議決権行使助言会社とは

IR

議決権行使助言会社とは、海外の機関投資家を顧客としている場合が多く、保有している銘柄の議決権行使に関する様々な助言を行う会社のことです。議決権は株主総会で行われる決議に参加して票を入れることができる権利のことです。株主総会では会社の運営や…

議決権とは

議決権とは、株主総会での決議に参加して票を入れることができる権利のことで、一般的には1単元株に対し1つの議決権があります。株主総会では、会社の運営や資産の使い方などの重要な事案が決められます。このときに事案に対して議決権を持つ人が賛成、反対…

企業向けサービス価格指数とは

企業間で取引されるサービスの価格に焦点を当てた物価指数。情報通信、運輸、金融、保険などのサービスの需給動向を把握することで、景気動向や金融政策の判断材料となるほか、企業間での値決めの参考指標としても使われている。 日銀が毎月発表する統計で、…