銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

2018-12-21から1日間の記事一覧

金融相場とは

景気後退が続いているにもかかわらず、金利低下で株式の投資対象としての魅力が上がったことを好感して株価が上昇する局面。 (出典 野村證券ホームページ) 金融緩和やカネ余りを背景に上昇する相場のこと。不景気で企業業績が悪化すると株価が下がりますが…

金融政策決定会合とは

日本銀行が原則として毎月1~2回、2日間に渡って開催し、金融政策の方向性や政策金利の上げ下げなどの金融政策運営を討議・決定する会合。具体的な議事内容として、金融市場調節の方針、金融政策判断の基礎資料となる経済および金融情勢に関する基本的見解、…

金融政策とは

中央銀行が行う経済政策のことです。金利や資金供給量を調節することで、物価、景気の安定など経済の働きを調整します。日本銀行の代表的な手段として、金利政策、公開市場操作、預金準備率操作などがあります。 (出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ) 中央…

金融商品取引法とは

「金融商品取引法」に規定された投資性のある金融商品を取り扱う業務のこと。取り扱う内容に応じて、第一種金融商品取引業、第二種金融商品取引業、投資運用業、投資助言・代理業の4つに分類されている。金融商品取引業を行う業者はすべて、内閣総理大臣への…