銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

2018-12-25から1日間の記事一覧

金利リスクとは

債券を満期前に売却(換金)する時に、その債券の市場価格が金利変動の影響により値上りしたり、値下りすること。 (出典 野村證券ホームページ) 金利リスクとは、債券を満期前に売却する時に、その債券の市場価格が金利変動の影響により値上りしたり、値下…

わQUICK短観とは

QUICK短観とは、QUICK短期経済観測調査のことです。QUICKという会社が日本国内の上場している企業に対して、景況の具合をインタービューした結果を公表しています。日銀短観よりも2週間ほど早く発表されることから、日銀短観の先行指標とされることがありま…

金利敏感株とは

金利の変動に株価が敏感に反応する株式のこと。一般的には金利低下が業績の好影響を与える企業を指します。銀行、ノンバンクなどの金融株をはじめ、電力・ガス、建設、不動産、電鉄株など有利子負債の多い業種や企業が代表的です。 (出典 大和証券ホームペ…

金利と物価とは

金利の動きと物価には密接な関係がある。一般的には、物価が上昇すると、金利の上昇要因になると考えられる。 例えば、好景気になると消費や設備投資が活発になる。消費が増えるということは、モノやサービスの買い手が多くなるということなので、需要と供給…

金利と為替とは

金利の動きと為替には密接な関係がある。金利の変動が為替に影響したり、逆に、為替の変動が金利に影響することもある。 お金は、常に有利な投資先・運用先を探して移動する。日本の円の金利が低く、米国のドルの金利が高いという場合をあげてみると、人々は…

金利自由化とは

日本では第二次大戦後、日本経済の復興を目指して、長らく厳格な金利規制が行われていた。これは、各金融機関の金利を一定にすることにより、安定的な金融体制を作り上げるための政策であった。 しかし、経済構造の変化に伴い、規制はかえって金融の効率性を…

金利とは

資金の貸借において借り手から貸し手に支払われる利息(貸借料)の、貸借された金額(元金)に対する割合。 利子率、利率、利回り、割引率なども金利である。金利も他の商品サービスと同様に、金融市場における資金の借り手と貸し手の関係、すなわち需要と供…

金融ビッグバンとは

米国と英国では日本より早く金融制度改革を実施している。米国では、1975年に証券改革法が施行された。取引所集中義務を撤廃し、委託手数料を自由化にし、さまざまな取引システムを競合させる市場間競争を作り出した。これにより、証券市場の効率化がはから…