銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

2019-01-18から1日間の記事一覧

限月とは

限月とは、先物取引やオプション取引において、先物の期限が満了する月のこと。例えば、3月に期限が満了する取引であれば3月が限月であり、「3月限(ギリ)」という言い方をします。現在、日本の債券・株式先物取引の限月は3、6、9、12月で、オプション取引…

減価償却費とは

固定資産は、企業が収益をあげるために長期にわたって利用されるが、時が経過したり、また利用されれば、されるほど価値は減少していく。この価値の減少分を決算期毎に費用計上し、固定資産の価値を適正化させるためのもの。 減価償却費の対象となる固定資産…

気配表示とは

価格の継続性を維持する為、呼び値の適正範囲を超えているとき「買い気配」、「売り気配」といった気配(けはい)として表示する。次の更新までは同気配を3分間表示することになっている。 しかし、買い呼び値だけがあって更新値幅内に売り呼び値がない場合…

気配とは

売買取引において、売りたい時にいくらで売れそうか、買いたいときにいくらで買えそうかを表わす。株価の水準と需給状況を示すもので、売買の目安に用いる。寄り付きの東京株式市場で、A社の株式が買い気配で始まった。気配値というのは、いくらの株価で何株…

血族とは

血縁のある者、および法律上血縁があると同視される者のことを血族という。血族には、自然血族と法定血族がある。なお、配偶者は血縁のある者ではないため、血族には含まれない。 (出典 野村證券ホームページ) 血縁関係にある人のこと。ただし、民法(727…

決算短信とは

決算短信とは、企業の決算発表の内容をまとめた書類のことです。投資を行う際の判断の資料となる有価証券報告書は、決算の3カ月以上後にしか発表されません。そこで、企業の決算結果などをなるべく早く投資家へ知らせるために、証券取引所が各上場企業に対し…