銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

2019-01-30から1日間の記事一覧

公社債店頭売買参考統計値とは

公社債の店頭取引における市場実勢レートのこと。2002年8月以前は「公社債店頭基準気配」として発表されていた。 公社債の売買はそのほとんどが店頭での相対取引であり、実態を第三者が知ることが難しいため、市場実勢を広く公開することで、公社債の公平・…

公社債とは

公社債とは、公共債と民間債を総称した呼び名です。債券全般のことを公社債と呼ぶこともあります。国や地方公共団体が発行する債券が公共債、民間の企業や特定の金融機関が発行する債券が民間債です。債券を保有している間は利息が支払われ、償還日には額面…

公示地価とは

地価公示法に基づき、国土交通省が算定する全国の土地の基準値のこと。毎年1月1日時点の価格を、複数の不動産鑑定士が評価し、土地鑑定委員会が審査・調整したうえで、3月下旬から4月上旬に発表。一般の土地取引価格動向の指標として利用されている。 (出典…

高裁四類型(こうさいよんるいけい )とは

企業価値を損なうような敵対的買収者に対し、対象となった企業の買収防衛策が認められるとされる4つのケースを指す。 2005年、ライブドアによるニッポン放送の買収を巡る訴訟で、株式を高値で対象企業に買い取らせる場合(グリーンメーラー)、焦土化経営が…

鉱工業生産指数とは

鉱工業製品(496品目)を生産する国内の事業所における生産の状況等(数量・重量・金額等)を、経済産業省が調査し、「鉱工業生産指数」として毎月公表するものです。鉱工業製品には、鉄鋼、一般機械、電気機器、精密機器、輸送用機器、繊維工業品、紙・パル…

公共債とは

国が発行する債券(国債)、地方自治体が発行する債券(地方債)、政府系の機関が発行する債券(政府機関債)をまとめて公共債と呼ぶ。国内債券は、「公共債」と民間企業が発行する「民間債」に分けられ、その両方を合わせたものを「公社債」という。 (出典…

公開市場操作とは

公開市場操作とは、日本銀行が短期金融市場で国債や手形、コマーシャルペーパーなどの売買を行って、市場に流通される通貨量を調節することを指します。公開市場操作の種類には、日本銀行が手形や債券を購入することにより金利を下げる買いオペレーション(い…

公開価格とは

公開価格とは、特定の株主が持っていた株式を不特定の株主が入手できるように新しく売り出す価格のことを言います。公開にすると自由な取引が出来るようになるため、需要と供給によって株価が大きく変動することになります。価格を決める方法には、一般競争…

公開買付代理人とは

公開買付けにより、買付会社が株券等の買付けをおこなう場合に、買付対象会社の株券等の保管・返還や買付代金の支払等の事務を買付会社の代わりにおこなう代理人のこと。 金融商品取引法では、このような事務手続きをおこなう公開買付代理人を証券会社または…