銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

2019-02-19から1日間の記事一覧

国民年金基金とは

自営業者などの国民年金の第1号被保険者が国民年金の上乗せ給付制度として任意に加入できる制度として、平成3年に創設された公的な制度。職業別に設立される「職能型基金」と各都道府県別に設立される「地域型基金」がある。 給付は、基本給付、ボーナス給付…

国民年金とは

1986年4月1日以降、自営業者や無業者を含めた日本国内に住む20歳以上60歳未満の者がすべて加入している公的年金。 (出典 日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジーホームページ) 原則として20歳以上60歳未満のすべての国民に加入義務のある…

国民所得の三面等価(こくみんしょとくのさんめんとうか)とは

国内総生産は、一定期間内に生産される様々な付加価値を計測し、それを合計したものである(日本では、内閣府が算出し公表している)。 付加価値の合計を算出する方法には「生産」と「分配」と「支出」からの3つのアプローチがあり、どのアプローチからも計…

国富(こくふ)とは

国民全体の資産から負債を差し引いたもののことを国富と言います。国富は正味資産という名称でも親しまれています。日本の国富は土地の比率が非常に高くなっており、地価の影響を受けやすい傾向にあります。日本の株価が上昇するときには不動産や建設から向…

国内投資信託とは

日本国内で設定された投資信託をさす。日本の「証券投資信託及び証券投資法人に関する法律」に従って設定・運用される。 (出典 野村證券ホームページ) 国内で日本の法律、「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づいて設定される投資信託のことです。国…