銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

2019-03-09から1日間の記事一覧

固定負債とは

貸借対照表の貸方の負債の部のひとつ。支払期限の到来が、1年以上後となる負債。 社債、長期借入金等の長期金銭債務、退職給付引当金等の長期性引当金、その他繰延税金負債等が該当し、どの負債も、履行時期の到来が1年を超えるものをさす。 (出典 野村證券…

固定比率とは

固定比率とは、会社の固定資産に対する資金調達源の安定性を示す比率である。 固定比率 = 固定資産 ÷ 資本 企業の安全性、つまり財務体質の健全性を評価する要素の1つ。 この比率は、長期間資金が拘束されてしまう固定資産に対する資金の調達が、どの程度安…

固定費とは

企業が継続して活動していくために、売上高に関係なく、変わらず発生する費用のこと。具体的には減価償却費、支払利息、賃借料、人件費の主要部分等が挙げられる。 一方、売上高に比例して増えていく費用を変動費という。費用を固定費、変動費に分類すること…

固定相場制とは

固定相場制とは、ひとことで言えば為替レートを一定の水準に固定する制度のことです。現在、IMF(国際通貨基金)体制下では、多くの国が変動為替相場制を採用しています。しかし、経済基盤が脆弱な国や金融システムが未成熟な国の場合、為替を変動相場制…

固定資産とは

財務諸表貸借対照表の「資産の部」勘定科目の1つ。販売を除いた企業活動で継続的に使用する資産を指します。土地や建物など形のある「有形固定資産」、営業権や特許権、ソフトウエアなど形のない「無形固定資産」があります。また、決算日から1年以上先まで…