銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

2019-03-20から1日間の記事一覧

債券貸借取引(さいけんたいしゃくとりひき)とは

当事者の一方(貸出者)が、他方(借入者)に債券を貸し出し、当事者間で合意された期間を経た後、借入者が貸出者に当該銘柄と同種、同量の債券を返済する債券の消費貸借取引をいう。(出典 日本証券業協会ホームページ) 債券を一定期間貸し借りし、貸借料…

債券格付とは

債券格付とは、債券自体の信用リスクの度合いを示した格付のことです。格付は、一般的に債務履行の確実性が高いものからAAA(トリプル・エー)、AA(ダブル・エー)、A(シングル・エー)、BBB(トリプル・ビー)・・・と続きます。一般に格付がBB(ダブル・…

債券とは

債券とは、国や地方公共団体、企業などが資金調達のために発行するものです。一般的に債券を購入すると、利払日に利息が支払われ、償還日に額面金額が払い戻されます。一方、債券はいつでも売買できますが、時価は変動するため、額面金額よりも高くなること…

財形貯蓄とは

財形貯蓄とは、勤労者(事業主に雇用されている人)を対象に、その財産形成を推進するために設けられた貯蓄制度のこと。「給与からの天引き」で行う積立型の貯蓄であることが特徴だ。財形貯蓄には、次の3種類がある。 【財形貯蓄の種類】■一般財形貯蓄貯蓄の…

サービサー(Servicer)とは

サービサーとは、法務省の管轄で債権管理回収業に関する特別措置法に基づいた業務をしている、債権回収会社のことをいいます。銀行からアウトソーシングされて債権の回収を行うことをビジネスとしています。弁護士以外の職業の人たちが債権回収をすることを…