銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

マーケット

株式市場とは

株式市場とは、発行した株を株式市場にて売買取引を行い、発行した株式を株主に購入してもらうことで、市場を介して企業が資金を調達し、発行株式購入者から得た資金で設備投資や事業への運用を行い、経済効果も得られるという仕組みを持つ市場です。株式市…

カタリストとは

株式・金融市場では相場や株価の変動を誘発する材料・きっかけを指す。例えば、政策や経済統計、企業業績など。本来の意味は触媒。 (出典 野村證券ホームページ) 相場を大きく動かす端緒となったイベントや材料のこと。上昇相場のきっかけとなった場合に使用…

価格優先の原則とは

証券取引所において、売買注文を成立させるときの優先順位のひとつです。具体的には、同じ銘柄で、売り注文同士では呼び値の低い注文を高い呼び値に優先させ、買い注文同士では呼び値の高い注文を低い呼び値に優先させます。例えば、「500円で1,000株売りた…

価格変動リスクとは

価格が変動することで投資資産の価値が変動する可能性のこと。価格が「下落するリスク」だけを示すのではなく、上昇したり、下落したりする場合の「値動きの振れ幅」 のことを示す。 一般的に大きいリターンが期待できる金融商品は、価格変動リスクも大きく…

買い場とは

テクニカルやファンダメンタルズから判断して、その株式、債券等を買う好機と思われるタイミング。チャートから分析すると、昨日6日連続続落していた株価が大きな下ヒゲを伴って上昇したことから、株価は底を打ったと思われる。今日は絶好の買い場になるだろ…

買い値とは

為替相場などで、価格を提示する買い手の希望価格。ビッド(bid)またはペイ(pay)ともいう。対義語は売り値、アスク(ask)またはオファー(offer)。 (出典 野村證券ホームページ) 買い値とは、為替相場などにおいての買い手の希望価格のことです。英語では、ASK…

外国人投資家とは

日本の金融市場や不動産市場に投資する外国籍の投資家の総称です。一般的には海外の機関投資家を指し、投資信託、年金基金、ヘッジファンド、プライベートエクイティなど様々な業態があります。中東の「オイルマネー」に代表されるように投資資金が巨大で影…

オライオンとは

香港証券取引所が開発する新インフラおよびプラットフォームの呼称で、英語名称はHKEx Orion。接続ネットワークや最新のデータセンター、種々のシステムなど整備が広がっている。 (出典 野村證券ホームページ) オライオンとは、香港証券取引所が開発する新イ…

大底とは

マーケットで使われる用語で、ある一定期間に付けたいくつかの安値のうち、最も低い水準を大底という。例えば、相場が下げ止まり、回復基調に転換することを「大底を入れる」と表現する。 (出典 野村證券ホームページ) 底の中で一番安いところ。大底は「陰の…

大型株とは

東京証券取引所では、TOPIX(東証株価指数)を補完する「規模別株価指数」の算出において、東証1部上場銘柄の中から、時価総額(株価×発行済み株式数)と流動性が高い上位100銘柄を大型株と定義しています。この大型株だけで、東証1部の時価総額の約6割をカ…

黄金分割比率とは

「0.618対0.382」、または「1対0.618、1.618対1」の比率で、本来あるべき美しい姿を表している比率とされ、見た目に快く感じられる比率といわれる。古代ギリシャがルーツとされており、ピラミッドやくもの巣、十字架、トランプなど、自然界から身の回りまで…

オーバーシュート(over shoot)とは

相場や有価証券の価格の行き過ぎた変動のこと。相場や有価証券の価格は、需給関係により、短期的に実体からかけ離れた価格になるケースがある。 (出典 野村證券ホームページ) 相場が過剰反応して、行き過ぎてしまうことをオーバーシュートといいます。大きい…

OTCとは

OTCとは店頭取引のことで、取引所を介さない直接的な取引のことを言い、Over The Counterの略称です。外国為替や債券等が取り引きの対象になり、売買は当事者同士の1対1で行われ、取引方法や価格、決済方法の詳細なども当事者間で決定します。証券会社やブロ…

大口取引とは

大口取引(おおぐちとりひき)とは、取引所以外での取引において、一つの銘柄あたり5000万円を超える売買代金の取引のことをいいます。300万円までの取引は小口取引、300万円から5000万円までの取引は準大口取引、50億円を超える場合の取引は超大型取引となり…

円短期運用とは

金融機関や機関投資家が、円資産において、コールや手形、CD、CPなどの1年以内の短期資金を取引する市場(短期金融市場)で、安定的な運用をおこなうこと。市場参加者によって、金融機関に限定される「インターバンク市場」と、限定されない「オープン市場」が…

LMEとは

LME(London Metal Exchange)とは、ロンドン金属取引所のことを指します。1877年に設立された取引所で、世界最大規模の非鉄金属専門の先物取引所です。銅、鉛、スズ、亜鉛、アルミニウム、ニッケル、アルミ合金などが上場されています。取引方法は、LMEの立…

エリオット波動とは

チャート理論の一つで、米国の経済学者R.N.エリオットが確立した。相場は5つの上昇波と3つの下降波があり、上昇局面では上昇波と調整波を繰り返しながらジワジワと上げて行くことが多く、一方下降局面では、1つの反発波を間に2つの下降波によって下落してい…

MACD(マックディー)とは

MACDとは「Moving Average Convergence Divergence」の略で、移動平均線を応用したテクニカルチャートとして開発されました。MACDは、MACDラインとシグナルラインの2本のラインを用いて相場を読む手法です。長短2つの移動平均の差を1本のラインで表したMACD…

エマージング市場とは

エマージング市場とは、経済が発展途上にある国や地域の金融市場のことで、新興国市場とも呼ばれます。エマージング(emerging)は直訳すると「新出現の」という意味です。一般的には、中南米、東南アジア、中東、東欧などの市場を指します。経済が急成長す…

EDINET(Electronic Disclosure for Investors’ NETwork)とは

エディネット、Electronic Disclosure for Investors’ NETworkの略。金融庁が提供している電子開示システムです。投資家は、インターネットでEDINETにアクセスすると、有価証券報告書や有価証券届出書等を閲覧することができます。 (出典 三菱UFJ信託銀行ホ…

SGX(Singapore Exchange)とは

Singapore Exchangeの略称でシンガポール取引所のこと。1999年12月に、それまでのシンガポール証券取引所(SES)とシンガポール国際金融先物取引所(SIMEX)が合併し、設立された。 現物株式市場と派生証券市場の統合をおこなった取引所で、アジア各国の金融…

SOR注文とは

SOR注文とは、スマート・オーダー・ルーティング(Smart-Order Routing)注文の略で、国内取引所や私設取引所(PTS)など複数の市場から最良の価格を提供している市場を自動的に選択し、売買を執行する形の注文のことです。市場での気配値を監視していて、最良…

英国銀行協会とは

英国の銀行業界を代表する金融サービス事業者団体のひとつで、世界180カ国240以上の会員をもつ。BBA(The British Bankers' Association)。国際的な金融取引の基準となる金利であるLIBORの発表主体であったが、不正問題の表面化により、2014年2月から米取引…

上値とは

株式市場などのマーケットにおいて、現在の株価よりもさらに高い株価のことを指します。まだ株価の上がる余地のある場合を「上値を残す」、引き続いて値上がりし、その値を追いかけるように一段と買いが盛んになる場合を「上値を追う」などといいます。また…

売り場とは

「売り場所」の略。売りの好機のことです。 (出典 三井住友アセットマネジメントホームページ) テクニカルやファンダメンタルズから判断して、売る好機と思われるタイミング。昨日、最高値圏にある株価が大きな上ヒゲを伴って引けたことから、チャートは反落…

売り乗せとは

主として信用取引において、ショートポジション(売り持ち)の投資家が、予想通りに下落を続けている相場局面でさらに売りを出すこと。 (出典 野村證券ホームページ) 売り乗せとは、相場の下落を予想して、主に信用取引におけるショートポジションを保有して…

売り値とは

売り値とは、株式相場や為替相場などで示す、売り手の希望価格のことです。この売り値にはオファー(offer)やアスク(ask)といった呼び方をする場合もあります。市場でのこの売り値を見て買い手は注文を出すことになります。この価格と買い手の価格とが一…

売建とは

信用取引で新たに売付けること。売建玉(うりだてぎょく)とは、買戻しをせず、未決済のものとして残っている売り約定をいう。相場の需給悪化で値下がりが見込まれることから、保有する現物株の値下がりリスク回避(ヘッジ)の手段として、信用取引で保有銘柄を…

売出とは

既に発行された有価証券の売付けの申込み又はその買付けの申込みの勧誘のうち、50人以上の者を相手方として行う方式を指す。対象者条件が同じで、新たに発行される有価証券の取得の申込みを勧誘する「公募(募集)」と対比される。 例えば、株式を公開する場…

売り渋りとは

売りたいと思っている投資家が、相場(株価)の上昇を予想して、売りをためらい様子を見ている状態のこと。大豆が20%も上昇したことから、大豆生産者は穀物をできるだけ長く手元に置くことにしたようだ。次の収穫期に農家が売り渋りを続けると、世界の先物市…