銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

リスク管理

金利リスクとは

債券を満期前に売却(換金)する時に、その債券の市場価格が金利変動の影響により値上りしたり、値下りすること。 (出典 野村證券ホームページ) 金利リスクとは、債券を満期前に売却する時に、その債券の市場価格が金利変動の影響により値上りしたり、値下…

金利敏感株とは

金利の変動に株価が敏感に反応する株式のこと。一般的には金利低下が業績の好影響を与える企業を指します。銀行、ノンバンクなどの金融株をはじめ、電力・ガス、建設、不動産、電鉄株など有利子負債の多い業種や企業が代表的です。 (出典 大和証券ホームペ…

恐怖指数とは

VIX指数とはVolatility Indexの略で、シカゴオプション取引所がS&P500種指数のオプション取引の値動きをもとに算出・公表している指数です。一般的に、数値が高いほど、投資家が先行きに対して不安を感じているとされます。 ワンポイントVIX指数は、別名「恐…

規制銘柄とは

規制銘柄とは、証券取引所が信用取引に関する規制措置を行っている銘柄を指します。信用取引において売買が過度に投機的になることを防止するため、取引所では一定の基準を設けて規制を行います。具体的な規制手段は、保証金率の引き上げや新規取引の制限、…

カントリーリスクとは

カントリーリスクとは、投資対象国や地域において、政治・経済の状況の変化によって証券市場や為替市場に混乱が生じた場合、そこに投資した資産の価値が変動する可能性のことをいいます。特に国債など、その国の発行する債券に投資している場合は、発行元の…

エクスポージャーとは

エクスポージャーとは、投資家や企業が持つ金融資産(ポートフォリオ)の中で、市場の価格変動のリスクにさらされている資産の度合い(割合)のこと。例えば、外貨建ての資産を保有している場合、為替変動リスクに対するエクスポージャーを保有していること…

ALMとは

資産(Asset)と負債(Liability)の双方を一元的に総合管理(Management)する手法のこと。特に、銀行や保険会社など、多額の預金や保険払込金を「負債」勘定として有する金融機関のリスク管理に用いられる。「資産」には国債など投資収益を上げるための有…