銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株式

現物(げんぶつ)とは

現物とは、実際に受渡しすることができる株式など、有価証券そのものを指します。株取引には信用と現物と2つの取引方法があります。取引方法は現金で指値をし、株を保有して自身のお金を使って株を購入し、現物株として保有するもので、一方、信用取引とは、…

現引とは

信用取引の決済方法のひとつで、買い建てた株式を決済するときに、反対売買により差額決済をするのではなく、自分の手元にある現金で、株式を引き取ることを「現引き」といいます(「品受け」とも呼ばれます)。制度信用取引の場合、6カ月という決済の期限が…

減配とは

多くの企業は利益の中から株主への還元策として定期的に配当を出しますが、業績悪化などを理由にこの配当を減らすことを減配といいいます。減配を発表した企業は失望感や先行きへの不安から、その企業の株式が売られる傾向にあります。 (出典 SMBC日興証券…

堅調とは

相場が上向きで、しっかりしている状態のこと。後場に入り、株価は堅調に推移。相場が強い状態のことで、株価は堅調に上昇していきます。ただし、株価が堅調に推移している局面でも、利食いの売りが出て、小幅ながら株価が下げるケースもあります。したがっ…

現実買いとは

単なる人気や将来的な好材料に左右されず、企業の業績が良いことや相場が上昇局面にあることなど現状を確認した上で株式を購入すること。 (出典 野村證券ホームページ) 現実に業績が良くなってきたことなどを評価して、投資すること。現在は理想買いの局面…

現在値(げんざいね)とは

現在値とは最新の株価のことを指します。最新の株価とは、注文を出している価格ではなく直近で約定された価格です。株を購入する際には、この現在値をともとに注文を出します。しかし、この価格が表示されるには、使用している通信環境によって違いが出てし…

景気循環株とは

景気動向によって、業績が大きく変動する銘柄のこと。「景気敏感株」と呼ぶ場合もあります。鉄鋼、化学、紙パルプなどの素材産業や工作機械などの設備投資関連などの銘柄が該当します。好況時にはモノが売れるため、多くの素材や設備、工場が必要になります…

経営参加権とは

経営参加権とは、単元株に達した株主に与えられる企業経営に参加できる権利のことです。株主総会における議決権を有し、利益処分案や監査役などの会社役員の選任などを承認することができます。株主になると間接的にではありますが、企業に自分の意見を反映…

グローバル株式とは

グローバル株式とは、世界のさまざまな地域の株式のことで、国際株式などともいわれます。投資信託では、商品性の説明や商品名として用いられることがあります。明確な定義はありませんが、一般的には先進国の株式を指し、他に新興国が含まれる場合もありま…

グロースファンドとは

成長性や収益性を主眼に選定された企業の株式(成長株)を主要投資対象とする投資信託の総称。 (出典 野村證券ホームページ) 利益や株主資本の成長率が高いと判断される銘柄に投資する投資信託のことです。 (出典 セゾン投信ホームページ) グロース投資…

グロース投資とは

投資信託などの運用手法の一種で、企業の成長性が市場平均よりも高いと期待される銘柄に投資する手法です。PERやPBRの数値は多少高くても、今後の成長性を評価して投資するというスタンスです。なお、投資信託の中で、このような手法で銘柄を選定しているタ…

グリーンメールとは

グリーンメール(Green Mail)とは、標的にした企業に高値で買い取らせることを目的にして、その企業の株式を買い集めることです。緑はドル紙幣をイメージさせる色で、これに脅迫状を意味する「ブラックメール」を掛け合わせた造語です。なお、これを頻繁に…

グリーンメーラーとは

ターゲットにした企業もしくは関連企業等に高値で買い取らせることを目的に、株式の買い集めを行う敵対的買収者のこと。 (出典 野村證券ホームページ) 株式を買い占めた上で、高値で関係者に買い取りを迫る買収者のこと。標的企業の株式を敵対的に買い集め…

グリーンシューオプションとは

株式等の募集や売出しに際して、オーバーアロットメントによる売出しが実施された場合に、借り入れた株式等の返還を目的として主幹事会社が行使する権利のことをいいます。主幹事証券会社は、発行者や大株主等にこの権利を付与してもらいます。主幹事証券会…

クモとは

クモとは一目均衡表で使用される、先行スパンAと先行スパンBとの差の部分を指す言葉です。通常、この一目均衡表で使用される先行スパンAと先行スパンBは線グラフで表示され、その両線の間にできた隙間を色で塗りつぶします。その塗りつぶされた部分が雲のよ…

QUICKコンセンサスとは

QUICKコンセンサスとは証券会社や調査会社の分析者が予想した各企業の業績予想や株価のレートを金融情報ベンダーのQUICKが独自集計したものです。コンセンサスは市場予想のことなので、つまりはQUICKの集計する企業業績に対する市場予想を意味します。QUICK…

食い合いとは

信用取引や貸借取引で同一銘柄の売り建玉と買い建玉の重複する部分。「取り組み」とも呼びます。証券会社内部で相殺することを「店内食い合い」といいます。 (出典 大和証券ホームページ) 信用取引で、買い残高と売り残高の重なった部分のこと。「取組み」…

金融相場とは

景気後退が続いているにもかかわらず、金利低下で株式の投資対象としての魅力が上がったことを好感して株価が上昇する局面。 (出典 野村證券ホームページ) 金融緩和やカネ余りを背景に上昇する相場のこと。不景気で企業業績が悪化すると株価が下がりますが…

切り返すとは

値下がりした状態から、再び買いが多くなり、株価が盛り返すこと。前場で弱含んでいたA社の株価が、後場から切り返し、一転してストップ高をつけるまで上昇した。株価が下落し、売りが一巡した後に上昇へと転じ、値上がりに変わる状態のことを「切り返す」と…

業績予想とは

上場企業などが売上高、営業利益、経常利益、純利益などの見通しを開示すること。業績予想が当初の予想より大きく変化する場合、業績予想の修正を行うことが義務付けられており、前の予想を上回る場合は業績予想を上方修正し、下回る場合は、業績予想を下方…

業績相場とは

好景気や個別企業の業績が良好となり、それが評価され株価が上昇する局面を業績相場と呼びます。 (出典 SMBC日興証券ホームページ) 企業の業績が良いため、相場が上昇基調にあること。 ⇔金融相場 (出典 大和証券ホームページ) 金利等の要因よりも、個別企業…

業種別株価指数とは

上場企業を業種ごとに分類して算出する株価指数のこと。東証の33業種分類による「東証業種別株価指数」や日本経済新聞社の36業種による「業種別日経平均」指数が代表的なものである。 (出典 野村證券ホームページ) 総務省の統計局が定める日本標準産業分類に…

共益権とは

権利行使の結果が株主全体の利益に影響する権利のこと。株主の権利は一般的に、権利行使の結果が当該株主個人の利益だけに影響する「自益権」と「共益権」に分けられます。共益権には、株主総会での議決権など一単元株でも保有していれば認められる単独株主…

強圧的二段階買付とは

最初の買付けで全株式の買付けを勧誘することなく、二段階目の買付条件を不利に設定し、あるいは明確にしないで、公開買付け等の株式買付けを行うこと。 このような買付けは、株主に最初の買付けへの応募を強要する買付けになる恐れがあるため、多くの企業の…

急落とは

相場全体、あるいは個別の株価が急速に大きく下落することです。 (出典 カブドットコム証券ホームページ) 相場が大幅に下落すること。後場に入って株価が急落した。業績下方修正や突発的な事件、事故、天災などの悪材料が出てきたときなどに、その度合いにも…

急騰とは

相場が急上昇すること。後場に入って株価が急騰した。業績の上方修正など好材料が突然出てきた場合、その銘柄に対する人気が急速に高まり、株価が急騰する場合があります。このような局面では、多くの投資家に「もっと上がるのではないか」、「もっと上がる…

旧株とは

株式会社が株式分割や増資、合併・株式交換等により、新しく発行する株式のことを新株というのに対して、すでに発行されている株式のこと。 なお、旧株を親株、新株を子株ともいう。 (出典 野村證券ホームページ) 企業が増資などにより新株を発行した場合、…

ギャップダウン(Gap Down)とは

英語表記はGap Down(GD)。前日の終値よりも当日の始値が安値で寄り付くこと。寄り付き前に買い注文を上回る売り注文があるとギャップダウンする。株価チャートではローソク線が下に隙間を空けて線画されるため、「下に窓をあける」「下放れる」ともいう。 …

ギャップアップ(Gap Up)とは

英語表記はGap Up(GU)。前日の終値よりも当日の始値が高値で寄り付くこと。寄り付き前に売り注文を上回る買い注文があるとギャップアップする。株価チャートではローソク線が上に隙間を空けて線画されるため、「上に窓をあける」「上放れる」ともいう。 (…

逆日歩に買いなしとは

信用取引には買い建てと売り建てがある。買い建ては値上がりを待って売り、売り建ては値下がりを待ってその差益を得ようとするものだ。この場合、買い方は買い方金利を支払い、売り方は売り方金利を受け取る。ところが売り方の建て玉が買い方のそれを上回る…