銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

理論

資本コストとは

資本コストとは、企業の資金調達に伴うコスト。 具体的には、借入に対する利息の支払いや、株式に対する配当の支払いと株価上昇期待である。 資本コストの代表的な計算方法としては、WACC(加重平均資本コスト)がある。これは、借入にかかるコストと、株式…

実物資本(じつぶつしほん)とは

実物資本とは資産の中でも金融資本でないものを指します。例えば貨幣や有価証券等の金融資本以外の金地金(いわゆる金の延べ棒のこと)や設備投資(生産などを行うための機械、事務所・店舗などの建物、搬送用の車輌、備品などのこと)、土地等の不動産のこと…

実質金利とは

実質金利とは、名目金利から物価上昇率等を差し引いた金利で、実際の金利を指します。物価上昇率等を差し引きした金利のことです。先に記載した名目金利は一般的に使用されやすいが、実質金利はそうではなく、物価(原価など)を考慮したうえで計算されます。…

自然利子率とは

自然利子率とは景気の影響が緩和状態にもなく引き締められた状態にもなく景気に中立的な状態にある実質利子率の事を指します。このような実質利子率が中期的または長期的に続くような状態であるのであれば潜在的成長利率と類似しており、同時に経済が今の状…

サスティナブル成長率とは

サスティナブル成長率とは、企業価値評価において使われる指標値の一つです。持続可能成長率と呼ばれることもあります。企業活動において、外部資金調達に依存せずに、新たな株式発行による株式資本の増強がないとした場合に、内部投資のみで実現できる成長…

最小分散投資とは

銘柄の組み合わせを変えたり、組入比率を増減することによって株式ポートフォリオ全体の価格変動リスクを抑えるよう投資する手法。 株式ポートフォリオの価格変動リスクと期待リターンの関係において、組入銘柄やその組入比率を変えることでポートフォリオの…

コンドラチェフサイクル(Kondratieff Wave)とは

英語表記はKondratieff Wave。景気循環の一つの形態を表したもの。 景気循環が50年前後ごとに訪れるケースで、技術革新の周期と合わせることができる。長期循環とも呼ばれることがある。 (出典 野村證券ホームページ) 技術革新の周期と合わせ、景気循環が5…

購買力平価(Purchasing Power Parity:略称PPP)とは

為替レートの決定メカニズムの仮説の一つ。 ある国の通貨建ての資金の購買力が、他の国でも等しい水準となるように、為替レートが決定されるという考え方。 あるモノが日本で120円、米国で1ドルである場合、1ドル120円であれば、120円(1ドル)は日本でも米…

行動ファイナンスとは

「人は利益の追求のため常に合理的に行動する」という前提に立つ従来の経済学に対し、人の心理面などの動きに注目し、投資を行うにあたって「人はどのように意思決定し行動するのか、なぜ時として非合理的な行動をするのか」を研究する「行動経済学」に基づ…

現代投資理論とは

ポートフォリオの選択や資産運用に関連した問題を取り扱う理論体系もしくは理論の総称で、英文名のModern Portfolio TheoryをもとにMPTとも呼ばれる。 H.Markowitz(ハリー・マコーヴィッツ)が提唱した不確実な状況下での証券選択問題を、収益率の期待値と…

現在価値とは

将来の価値から金利などを割り引くことにより、いま手にした場合の価値を導き出すという考え方を現在価値という。金融商品を購入検討する際に、現在価値を算定し、実際の価格と比較することも必要である。 算出された現在価値と実際の価格を比較するなど、投…

ゲーム理論とは

一定の制約やルールに基づいて、複数の当事者(プレーヤー)が相互に影響し合う状況をゲームと見なし、プレーヤー間の行動を予測し意志決定を行う考え方。ゲーム参加者相互の駆け引きを加味して、それら参加者の意思決定メカニズムを数学的に明らかにしよう…

クラウディングアウト(Crowding Out)とは

クラウディングアウト(Crowding Out)とは、政府が資金需要のために国債の大量発行、減税などで、公共事業の拡充など財政政策(政府貯蓄の減少)を行った場合、実質利子率の上昇を招いてしまい、利子率が上昇すると、投資が減ってしまうため、結果的に民間の資…

CAPM(Capital Asset Pricing Model)とは

CAPM(Capital Asset Pricing Model、きゃっぷえむ、資本資産評価モデル)とは、分散投資のリスク低減効果を反映した資産のリスクと期待リターンの関係式を表す均衡モデルである。資産の期待リターンは、安全資産のリターンと市場全体の変動と連動したリスク…

キチンサイクルとは

英語表記はKitchin Cycles。景気循環の一つの形態を表したもの。 景気循環が約40カ月前後ごとに訪れるケースを指す。在庫投資の活動周期に重ね合せることができるという考え方。短期循環や在庫循環と呼ばれることがある。 景気循環が10年弱ごとに訪れるジュ…

MM理論とは

モデリィアー二とミラーという2人の学者が提唱した資本の構成に関する定理のことをMM理論と言います。資本市場の完全性の仮定と、企業も投資家も無リスクの利子率で借入が可能という仮定を前提に企業価値を考えたときに、将来生み出すキャッシュフローによっ…