銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

証券

混蔵保管(こんぞうほかん)とは

保管振替制度を利用して株式等の証券を証券会社に預けると、預けた証券は、預けた者ごとに個別に保管されるのではなく、ほかに預けた者の同銘柄の証券と区別することなく保管される。そのことを混蔵保管という。 (出典 野村證券ホームページ) 証券会社等の…

公募地方債とは

マーケットにおいて、不特定多数の投資家を対象に、公募される地方債のこと。 従来、公募地方債の利率や発行価格といった発行条件は、地方債の信用力に差はないとの理由から市場実勢に則した格差がつけられることはなかった。しかし2002年4月債以降、市場公…

公募とは

企業が資金調達のため、不特定かつ多数の投資家に対し、新たに発行する有価証券の取得の申込みを勧誘すること。勧誘の相手方が50名以上の場合を「公募」と言い、「公募」と「売出し」を合わせて「Public Offering」、略して「PO」と呼ぶ。 これに対し、50名…

公社債店頭売買参考統計値とは

公社債の店頭取引における市場実勢レートのこと。2002年8月以前は「公社債店頭基準気配」として発表されていた。 公社債の売買はそのほとんどが店頭での相対取引であり、実態を第三者が知ることが難しいため、市場実勢を広く公開することで、公社債の公平・…

公社債とは

公社債とは、公共債と民間債を総称した呼び名です。債券全般のことを公社債と呼ぶこともあります。国や地方公共団体が発行する債券が公共債、民間の企業や特定の金融機関が発行する債券が民間債です。債券を保有している間は利息が支払われ、償還日には額面…

公共債とは

国が発行する債券(国債)、地方自治体が発行する債券(地方債)、政府系の機関が発行する債券(政府機関債)をまとめて公共債と呼ぶ。国内債券は、「公共債」と民間企業が発行する「民間債」に分けられ、その両方を合わせたものを「公社債」という。 (出典…

公開買付代理人とは

公開買付けにより、買付会社が株券等の買付けをおこなう場合に、買付対象会社の株券等の保管・返還や買付代金の支払等の事務を買付会社の代わりにおこなう代理人のこと。 金融商品取引法では、このような事務手続きをおこなう公開買付代理人を証券会社または…

コーラブル債(Callable Bond)とは

英語表記はCallable Bond。債券の発行体が特定の日に繰上償還する(call)権利が付いている代わりに、同条件の債券よりも利率が高く設定されている仕組債。 (出典 野村證券ホームページ) コーラブル債(Callable Bond)とは、特定の日に債券の発行が繰上償還…

建設国債とは

普通国債の一種で、財政法のただし書きにより、公共事業費、出資金および貸付金の財源について例外的に発行が認められている国債のこと。建設国債は、国会の議決を経た金額の範囲内で発行できるとされており、その発行限度額は、一般会計予算総則に計上され…

現先レートとは

現先レートとはレポレートとも呼ばれ、債権などを取り扱う現先取引を実行する際に適用される買い戻し時点までのキャッシュフロー収益率のことで当初の売買価格と一定期間後の反対売買価格の差額を元に算出されます。現先取引は将来時点での買戻しを条件に証…

現先取引とは

現先取引とは、債券を一定期間後に一定の価格で買い戻す、もしくは売り戻すことを条件として、売買する取引のことです。期間は短いもので1日、長いものだと数カ月のものもあります。売り手が買い戻す約束をしている場合は、売り現先、買い手が売り戻す約束を…

経過利子とは

利付債を売買するとき、受渡日がその債券の利払日と異なる場合には、「買い手」は前回利払日の翌日から受渡日までの日数(経過日数)について、日割りで計算された利息相当分を「売り手」に支払う。この利息相当分を経過利子あるいは経過利息と言う。 経過利…

クロス取引とは

1つの証券会社が、同一銘柄について同量の売り注文と買い注文を取引所に提出し、商いを成立させる取引。 以前は売り買いそれぞれの注文を金融商品取引所に出さないで売買を成立させるバイカイという方法が認められていたが、これは呑み(ノミ)行為に該当す…

グローバルオファリングとは

一般的に株式や債券等の有価証券を複数の市場で同時に募集、売出しをすること。 発行会社が日系企業の場合では、日本国内と同時に国外、主にユーロ市場または米国市場において行われる募集、売出しを指し、「国内外同時募集」、「国内外同時売出し」と訳され…

グローバル・コーディネーターとは

グローバル・コーディネーターとは、株式などの公募や売り出しを国内外で実施する際に、証券の発行、取り扱い業務を引き受ける主幹事会社のことで、複数の会社が主幹事になっている場合は、複数の会社を代表して統括する主幹事のことです。グローバル・コー…

クレジットリンク債とは

クレジットリンク債とは、クレジット・デリバティブ(CDS)が内包された仕組債で、投資家は当該仕組債の発行体及びCDSの参照企業双方の信用リスクを負担するために、通常の社債よりも高い利回りが期待されます。 (出典 SMBC日興証券ホームページ) クレジッ…

グレーマーケットとは

グレーマーケットとは、有価証券が発行される前の時点、あるいは上場前などに売買を行う市場のことをいいます。仮目論見書の価格に基づいて有価証券や上場前に海外で先物取引を行う市場などがグレーマーケットと呼ばれます。ユーロ債のグレーマーケットの場…

クリアストリーム(Clearstream)とは

英語表記はClearstream。国際証券決済機関で、欧州市場における株式や債券の受渡し・決済の集中管理等をおこなっている。欧州最大の証券決済機関(クリアリング・ハウス)である。欧州の通貨統合によって、欧州証券市場の統合が進み、内外の投資家は欧州を一…

グリーンメールとは

グリーンメール(Green Mail)とは、標的にした企業に高値で買い取らせることを目的にして、その企業の株式を買い集めることです。緑はドル紙幣をイメージさせる色で、これに脅迫状を意味する「ブラックメール」を掛け合わせた造語です。なお、これを頻繁に…

グリーンメーラーとは

ターゲットにした企業もしくは関連企業等に高値で買い取らせることを目的に、株式の買い集めを行う敵対的買収者のこと。 (出典 野村證券ホームページ) 株式を買い占めた上で、高値で関係者に買い取りを迫る買収者のこと。標的企業の株式を敵対的に買い集め…

グリーンシューオプションとは

株式等の募集や売出しに際して、オーバーアロットメントによる売出しが実施された場合に、借り入れた株式等の返還を目的として主幹事会社が行使する権利のことをいいます。主幹事証券会社は、発行者や大株主等にこの権利を付与してもらいます。主幹事証券会…

クーポンとは

クーポンとは、利付債に付いている利息のことです。利息は額面金額に対する利率によって決められ、利率は表面利率またはクーポンレートとも呼ばれます。利率は購入金額ではなく、額面金額に対する利息の割合である点に注意が必要です。 (出典 SMBC日興証券…

均一価格販売方式とは

社債の発行方式のひとつで、募集期間中は値引きせずに発行価格で投資家に販売することを義務付ける販売方式のこと。発行価格や年限、利率などの発行条件は引受シンジケード団を構成する証券会社等が投資家の需要予測等の市場情勢を基に決定する。 業者の過度…

共同発行地方債とは

共同発行地方債とは、全国市場公募地方債を発行する地方公共団体が共同で発行している債券のことをいいます。平成15年4月からほぼ毎月発行されています。共同発行地方債は、地方債の指標となる債券のひとつで、安全性が高いのが特徴です。これは、参加する地…

既発債とは

新規に発行される債券を「新発債」、既に発行されて市場に出回っている債券を「既発債」といいます。新発債は、額面金額で募集がかけられますが、既発債は流通市場のバランスで価格が決められて売買されるので、常に利回りは変動します。 (出典 SBI証券ホー…

起債とは

債券を発行すること。 (出典 野村證券ホームページ) 起債は事業を始めるために必要であり、これがなければまず株式を買うための事業が成立しないといっても良いものなのでとても大事です。全ての株の始まりといってよく、上場する際に必ず行われることです。…

幹事証券会社とは

幹事会社ともいう。有価証券の募集や売り出しの際、その発行者または所有者との間で締結される元引受契約の内容を確定させるための協議を行うとともに、募集・売り出しする有価証券の引受・販売等を行う。 有価証券の引受時には、円滑な販売やリスク負担を分…

借換債とは

過去に発行した国債や地方債、社債などの既発債の償還資金を調達するために新たに発行する債券のこと。 (出典 野村證券ホームページ) 借換債とは過去に発行した国債や地方債、あるいは社債などの償還資金を調達するために新たに発行される債券のことを言いま…

片端入れとは

金利などを計算する場合の対象期間の数え方の一つであり、計算開始日を数えずに、計算終了日までを数える方法。おもに債券の利回り計算や、所有期間に対応する利払い(=クーポン)の計算をする際などには、残存日数や経過日数等の日数計算の際に片端入れで…

カストディアンとは

投資家に代わって有価証券の保管・管理などの業務を行う金融機関のこと。国内の投資家が海外の有価証券を購入する場合、現地のカストディアンと契約し、当該有価証券の保管・管理だけでなく、元利金・配当金の代理受領や運用成績の管理、議決権行使などを広…