銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

財務分析

キャッシュリッチとは

企業において、手元資金が有利子負債を上回り、実質的に無借金で、現金や預金など流動性の高い金融資産を多く保有していること。 収益を人件費や設備投資、研究開発費などに回すことなく、内部留保の現金・預金として蓄えた金余り状態ともされ、一般にこうし…

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュ・フロー計算書とは、一会計期間の企業のキャッシュ・インとキャッシュ・アウトを捉え、企業のキャッシュの流れを計算して表示する財務諸表です。 キャッシュ・フロー計算書とは、その名称のとおりキャッシュ(=お金)のフロー(流れ)を計算する…

キャッシュフローとは

「キャッシュフロー」とは、お金の流れ(流入・流出、収入・支出)のこと。 「キャッシュフロー計算書」とは、会社の一会計期間中の現金及び現金同等物(3か月以内の定期預金、譲渡性預金など)の増減を表したもの。会社の経営状態を、資金の流れ・増減を通して…

キャッシュ・コンバージョン・サイクル(Cash Conversion Cycle)とは

略称はCCC(Cash Conversion Cycle)。企業が仕入れのために現金を投入した後どのくらいの日数で現金を回収できるかを表す指標。在庫と売掛金の回転日数の合計から買掛金の回転日数を引いて求める。値が小さいほど現金回収の効率が良いことを示す。 (出典 野…

株主資本配当率とは

企業が株主資本に対してどの程度の配当を支払っているかを示す指標。英語表記「Dividend on equity ratio」の略でDOEとも呼ばれます。配当水準を示す指標としては、当期純利益に対する配当額を表す配当性向が一般的ですが、当期純利益は変動幅が大きいた…

株主資本コストとは

株主資本コストとは、企業が株式を発行して調達する資金(=株主資本金)にかかるコスト。 株主期待利回りと同義で、企業側にとっては、その期待利回りに応える必要があるという意味からコストと考えられるので、このように呼ばれている。有利子負債にかかる…

株主資本回転率とは

決算書の数値などを基に、経営を量的に分析する財務諸表分析の一つ。 企業が株主資本をどの程度、効率的に活用しているかを表す指標のこと。値が大きいほど、少ない株主資本で大きい売上高を獲得できたことになり、株主資本が効率的に活用されていると判断す…

貸出支援基金とは

金融緩和効果を一段と浸透させデフレ脱却の道筋をつける措置として、企業の資金需要の増加を促すことを目的に、日銀が2010年から運用を開始した基金。「成長基盤強化を支援するための資金供給」および「貸出増加を支援するための資金供給」の枠組みの下、日…

売上高成長率とは

売上高成長率とは、会社の成長性を示すもっとも基本的な指標。売上高成長率が高いほど会社の規模が大きくなっているといえる。 売上高成長率 = 売上高増加額 ÷ 基準時点での売上高 × 100 売上高成長率が高くても、それが市場の成長率や物価の上昇率を下回っ…

売上高経常利益率とは

売上高経常利益率とは、会社が営業により利益を上げる本来の能力を判断するための指標のことを指す。 売上高経常利益率 = 経常利益 ÷ 売上 の式で計算することができる。 売上高経常利益率を分析することで、現在の営業成績を会社の過去の営業成績や、同業…

売上総利益とは

売上総利益とは、売り上げから商品の原価を引いた利益のことで、粗利(あらり)、粗利益(あらりえき)ともいいます。売上総利益は、財務諸表のひとつである損益計算書の中で一番初めに出てくる利益で、大雑把な企業の収益を表しています。売上総利益を売上…

売上債権回転率とは

売上債権回転率とは、会社の売上債権の回収が、どの程度効率的に行われているかを示す比率。経営の効率性を分析する指標の1つ。 売上債権回転率 = 売上高 ÷ 売上債権売上 債権回転率は、これが低いほど債権回収に時間がかかることを意味しており、売上が発…