銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

IR

四半期(しはんき)とは

四半期とは、1年間のうちの4分の1のことを指します。言い換えると3か月ごとという意味になります。企業等の決算報告ですと通常四半期決算を行いますが会社が3か月を境に収支報告をすることを言います。一般的に4月から6月までが第一四半期、7月から9月までが…

コーポレートアクションとは

コーポレートアクションとは、企業の行動という意味であるが、具体的には企業の有価証券に影響を及ぼす財務活動上の意思決定のことを言います。増資や新株発行・第三者割当増資などが含まれます。より大きいイベントでいったら会社の合併や他企業を買収する…

繰延税金負債とは

「税効果会計」のひとつ。企業会計上の「資産」または「負債」と、税法上の「資産」または「負債」との差額を調整するための勘定科目で、支払いを猶予してもらっている税金をいずれ払わなければならないという想定のもと、未払いの税金相当額を貸借対照表の…

議決権行使助言会社とは

IR

議決権行使助言会社とは、海外の機関投資家を顧客としている場合が多く、保有している銘柄の議決権行使に関する様々な助言を行う会社のことです。議決権は株主総会で行われる決議に参加して票を入れることができる権利のことです。株主総会では会社の運営や…