銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

M&A

強圧的二段階買付とは

最初の買付けで全株式の買付けを勧誘することなく、二段階目の買付条件を不利に設定し、あるいは明確にしないで、公開買付け等の株式買付けを行うこと。 このような買付けは、株主に最初の買付けへの応募を強要する買付けになる恐れがあるため、多くの企業の…

企業再生とは

企業再生とは、経営状態が苦しくて不振な状況ではあるが、まだその企業に他社との競争ができるだけの有用な事業があり、採算の取れていない事業から撤退し切り離すことによって存続していくことが可能であると考えられる場合に、必要な策を講じて企業の経営…

企業価値評価とは

企業価値評価とは、企業の値段を推計評価することを言います。企業価値とは事業価値に投融資の時価を加えて算出されるもので、事業価値の推計方法には代表的なものとしてDCF法があります。DCFは企業が将来にわたり生み出す収益を現在価値に割り引くことで企…

合併比率とは

M&A

合併比率とは、複数の会社が合併する際、合併により消滅する会社の株主に対し、持ち株数に応じて割り当てられる存続会社、新会社の株式の比率を指します。合併比率は両者の収益力やブランド力、資産・負債状況などにより決定されます。例えば、A社とB社が合…

合併とは

M&A

合併とは、複数の会社が法的に一つの会社となることをいう。 M&Aの手法としてはもっとも結合力が強いが、第三者間のM&Aにおいて、いきなり合併を行うのは少ない。合併を行うにしても、いったん株式譲渡を実行し、買い手企業の100%子会社とした後、時期をみ…

LBOとは

M&A

LBOとは、M&Aにおいて買い手が買収対象企業の資産や将来のキャッシュフローを担保に買収資金の一部を調達して買収を行う手法をいう。SPCで資金調達を行いSPCと買収対象企業を合併させる方法を取ることが多い。 (出典 日本M&Aセンターホームページ) LBOとは、…

MEBOとは

M&A

Management Employee Buyoutの略称。一般的に、買収対象会社の経営陣と従業員が一体となって、金融投資家と共同して対象会社株式を買収する取引をいう。なお、対象会社株式を買収する際、従業員の参加が明示されない場合を一般的にMBO(マネジメント・バイア…

M&A(Merger and Acqusition) とは

M&A

Merger and Acquisitionの略称で企業の合併・買収のこと。企業全体の合併・買収だけでなく、株式譲渡・新株引受・株式交換、事業譲渡、合併、会社分割などの様々な手法があり、特定の事業の譲渡やゆるやかな資本業務提携などを含めた広い意味での企業提携の…

インカムアプローチとは

企業価値評価の手法を3つに大別した1つ。対象企業の将来の利益予想やキャッシュ・フロー予想に基づいて価値評価する手法。キャッシュ・フローを元に企業価値を評価する場合の代表格としてはDCF法がある。上場企業の理論株価を評価価値とする場合には、一株純…

アクティビスト・ファンドとは

アクティビスト・ファンドとは、投資先の企業価値を高めるために企業に様々な提案を持ちかける投資家、もしくは投資ファンドのことを指す言葉です。物言う株主とも呼ばれます。特定の企業の株式を一定数獲得して投資先への発言権を得た上で行われる活動で、…

クロージング(Closing)とは

不動産の証券化取引では、通常の売買取引に比較して多くの作業・手続きを要し、準備すべき契約書類も膨大な量となる。また、スキームの組成からSPCの設立、各種ドキュメンテーションといった作業を関係者が分担し、時に並行して作業する必要があることから、…