銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

M&A

シナジー効果とは

M&A

経営統合におけるシナジー効果とは、各社がそれぞれに持っている経営資源などのを相互に活用することで、各社が個別に事業活動を行う以上に発現されるメリットを指す。売上増加やコスト削減など、財務諸表に直接的にインパクトがあるものが代表的なもの。M&…

事前警告型防衛策とは

買収者が大規模な買付行為を仕掛ける場合に守るべきルールを、対象会社が事前に設定・公表し、買収者がルールを守らない場合等には、対抗措置を採ることを警告するタイプの買収防衛策を事前警告型防衛策という。事前に対抗措置発動の可能性を示唆することで…

事業譲渡とは

M&A

事業譲渡とは、対象会社の事業の全部又は一部を売買すること。 複数の事業を行っている会社が、特定の事業だけ譲渡したい場合や対象会社に存在する潜在的な債務を切り離すことを目的に選択される手法である。 買い手にとっては必要な部分のみを取得できるメ…

サンセット条項とは

定期的に買収防衛策や種類株式の内容や導入の是非を株主総会などで見直す仕組みのこと。 一定期間毎に株主総会などのチェックを受けることとなるため、経営陣の保身による買収防衛策の設定や当初の目的を終了、または逸脱した種類株式スキームの継続を抑制す…

三角合併とは

M&A

会社を合併する際、消滅会社の株主に対して、対価として、存続会社の株式ではなく親会社の株式を交付して行う合併のこと。平成17年に成立した新会社法では、消滅会社の株式の対価について、存続会社の株式ではなく、現金その他の財産(例えば親会社株式。外…

サスティナブル成長率とは

サスティナブル成長率とは、企業価値評価において使われる指標値の一つです。持続可能成長率と呼ばれることもあります。企業活動において、外部資金調達に依存せずに、新たな株式発行による株式資本の増強がないとした場合に、内部投資のみで実現できる成長…

高裁四類型(こうさいよんるいけい )とは

企業価値を損なうような敵対的買収者に対し、対象となった企業の買収防衛策が認められるとされる4つのケースを指す。 2005年、ライブドアによるニッポン放送の買収を巡る訴訟で、株式を高値で対象企業に買い取らせる場合(グリーンメーラー)、焦土化経営が…

公開買付代理人とは

公開買付けにより、買付会社が株券等の買付けをおこなう場合に、買付対象会社の株券等の保管・返還や買付代金の支払等の事務を買付会社の代わりにおこなう代理人のこと。 金融商品取引法では、このような事務手続きをおこなう公開買付代理人を証券会社または…

公開買付けとは

公開買付けとは、株券等の発行会社または第三者が、不特定かつ多数の人に対して、公告等により買付期間・買付数量・買付価格等を提示し、株券等の買付けの申込み又は売付けの申込みの勧誘をおこない、市場外で株券等の買付けをおこなうことをいう。なお、公…

ゴールデン・パラシュートとは

M&A

買収により対象会社の経営陣が解任されたり、権限を減らされたりした場合に極めて多額の退職金等を支払う契約を締結し、多額の現金の流出を招くことによって、買収コストを引き上げ、買収者との交渉材料として活用するという対抗措置のことをいう。 他の対抗…

グリーンメールとは

グリーンメール(Green Mail)とは、標的にした企業に高値で買い取らせることを目的にして、その企業の株式を買い集めることです。緑はドル紙幣をイメージさせる色で、これに脅迫状を意味する「ブラックメール」を掛け合わせた造語です。なお、これを頻繁に…

グリーンメーラーとは

ターゲットにした企業もしくは関連企業等に高値で買い取らせることを目的に、株式の買い集めを行う敵対的買収者のこと。 (出典 野村證券ホームページ) 株式を買い占めた上で、高値で関係者に買い取りを迫る買収者のこと。標的企業の株式を敵対的に買い集め…

クラウンジュエルとは

M&A

敵対的買収に対する対抗措置の一つで、対象会社が自社でもっとも魅力的な事業部門や資産または子会社を第三者に譲渡したり、分社化することによって、自社をより魅力ないものにする手段のこと。買収者の買収意欲を大きく削ぐことを目的としている。対象会社…

強圧的二段階買付とは

最初の買付けで全株式の買付けを勧誘することなく、二段階目の買付条件を不利に設定し、あるいは明確にしないで、公開買付け等の株式買付けを行うこと。 このような買付けは、株主に最初の買付けへの応募を強要する買付けになる恐れがあるため、多くの企業の…

企業再生とは

企業再生とは、経営状態が苦しくて不振な状況ではあるが、まだその企業に他社との競争ができるだけの有用な事業があり、採算の取れていない事業から撤退し切り離すことによって存続していくことが可能であると考えられる場合に、必要な策を講じて企業の経営…

企業価値評価とは

企業価値評価とは、企業の値段を推計評価することを言います。企業価値とは事業価値に投融資の時価を加えて算出されるもので、事業価値の推計方法には代表的なものとしてDCF法があります。DCFは企業が将来にわたり生み出す収益を現在価値に割り引くことで企…

合併比率とは

M&A

合併比率とは、複数の会社が合併する際、合併により消滅する会社の株主に対し、持ち株数に応じて割り当てられる存続会社、新会社の株式の比率を指します。合併比率は両者の収益力やブランド力、資産・負債状況などにより決定されます。例えば、A社とB社が合…

合併とは

M&A

合併とは、複数の会社が法的に一つの会社となることをいう。 M&Aの手法としてはもっとも結合力が強いが、第三者間のM&Aにおいて、いきなり合併を行うのは少ない。合併を行うにしても、いったん株式譲渡を実行し、買い手企業の100%子会社とした後、時期をみ…

LBOとは

M&A

LBOとは、M&Aにおいて買い手が買収対象企業の資産や将来のキャッシュフローを担保に買収資金の一部を調達して買収を行う手法をいう。SPCで資金調達を行いSPCと買収対象企業を合併させる方法を取ることが多い。 (出典 日本M&Aセンターホームページ) LBOとは、…

MEBOとは

M&A

Management Employee Buyoutの略称。一般的に、買収対象会社の経営陣と従業員が一体となって、金融投資家と共同して対象会社株式を買収する取引をいう。なお、対象会社株式を買収する際、従業員の参加が明示されない場合を一般的にMBO(マネジメント・バイア…

M&A(Merger and Acqusition) とは

M&A

Merger and Acquisitionの略称で企業の合併・買収のこと。企業全体の合併・買収だけでなく、株式譲渡・新株引受・株式交換、事業譲渡、合併、会社分割などの様々な手法があり、特定の事業の譲渡やゆるやかな資本業務提携などを含めた広い意味での企業提携の…

インカムアプローチとは

企業価値評価の手法を3つに大別した1つ。対象企業の将来の利益予想やキャッシュ・フロー予想に基づいて価値評価する手法。キャッシュ・フローを元に企業価値を評価する場合の代表格としてはDCF法がある。上場企業の理論株価を評価価値とする場合には、一株純…

アクティビスト・ファンドとは

アクティビスト・ファンドとは、投資先の企業価値を高めるために企業に様々な提案を持ちかける投資家、もしくは投資ファンドのことを指す言葉です。物言う株主とも呼ばれます。特定の企業の株式を一定数獲得して投資先への発言権を得た上で行われる活動で、…

クロージング(Closing)とは

不動産の証券化取引では、通常の売買取引に比較して多くの作業・手続きを要し、準備すべき契約書類も膨大な量となる。また、スキームの組成からSPCの設立、各種ドキュメンテーションといった作業を関係者が分担し、時に並行して作業する必要があることから、…