銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

退職給付信託とは

企業が保有する株式などの有価証券を退職給付(退職一時金支給又は年金の掛金拠出)のための信託契約に拠出することをいう。平成12年の退職給付会計の導入に伴い発生する積立不足を圧縮するために設けられたスキーム。
退職給付会計基準により発生する積立不足の圧縮を行うため、企業が保有している持ち合い株式を売却することが考えられるが、そうするとその株式を発行している企業の支配権を失うとか、市場で売却されることで株価が下がってしまうなどの問題が生じる。
そこで、将来の年金・退職金支払に使途を限定することを条件に株式などの有価証券を信託契約に移すというもの。退職給付信託の財産は退職給付債務から差し引くことができるので、退職給付に係る負債を減らすことが可能になる。
持ち合い株式を拠出して退職給付信託を設定した場合は、持ち合い株を事実上手放さずに積立不足を圧縮する事ができるが、株価が下がれば株式を追加信託しなければならない。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

退職給付信託とは、企業が保有する有価証券等を退職給付に充てるために信託し、信託銀行がその有価証券等を当該企業の従業員および退職者等のために管理・運用する信託です。
なお、一定の要件(※)を充たすことにより、退職給付会計基準における「退職給付に充てるために積み立てられた資産(年金資産)」となります。

※要件のうち主なものは以下の通りです。

  1. 退職給付に充てられることが退職金規程等により確認できること。
  2. 信託財産を退職給付に充てることに限定した他益信託であること。
  3. 事業主から法的に分離されており、事業主への返還及び受益者に対する詐害行為が禁止されていること。
  4. 信託財産の管理・運用・処分については受託者が信託契約に基づいて行うこと。

(出典 りそな銀行ホームページ) 

 

企業が保有する上場有価証券、店頭公開株などの有価証券を、退職金や年金の支払いに充てるため信託制度を利用して信託銀行など外部に積み立てる方法。一定の要件を充たせば、拠出した有価証券は会計上、年金資産とみなされるため積立不足を圧縮する事ができる。

(出典 野村証券ホームページ)

 

退職給付信託は、平成12 年4月以降導入された退職給付会計基準に対応して年金資産に該当するよう開発された信託で、有価証券管理(ならびに処分)信託の一種である。退職給付会計の導入は、企業に会計基準変更時差異(積立不足)の償却を求めることになるため、この積立不足を減少させるための会計上の年金資産の積み増しが求められた。当時その手段として特に信託スキームへのニーズが高まり、これを受けて日本公認会計士協会から平成11年3月25 日「退職給付会計における『退職給付に充てるために積み立てる資産について』、『信託』を用いる場合の基本的な考え方について」が公表され、さらに同年9月14 日に「退職給付信託に関する実務指針(中間報告)」が公表されて退職給付信託の要件が定められることとなった。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

退職給付信託とは、退職給付(退職一時金及び退職年金)目的の信託をいいます。
退職給付信託は、現金による払込を主とする企業年金制度の年金掛金とは相違し、事業主の保有資産を退職給付に充てる目的で直接受託機関に信託するものです。

退職給付信託を用いる場合、退職給付に充てるために積み立てる資産は、一定の要件を満たしているときは、退職給付会計上の年金資産に該当します。この場合、事業主から当該資産が時価で拠出されたと同様の会計処理を行うこととなります。

(出典 PWCジャパンホームページ)