銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

IPO/新規公開株式とは

IPOは、Initial Public Offering(イニシャル パブリック オファリング)の各頭文字を取ったもので、一般に、株式等を新規公開する、もしくはその際に行われる株式等の公募による募集や売出しを指します。
「新規公開」とは、非上場・未公開の特定の投資家が限定的に保有している株式等を多数の投資家が参加する市場で流通させるために新たに株式を公開(上場)することをいいます。
「募集」とは、主に株式等を公開する企業が設備投資などの資金調達を目的として、多数の投資家に対し、新たに発行される株式等の取得の申し込みを勧誘することをいい、この場合「公募増資」と同じ意味で使われます。
「売出し」とは、多数の投資家に対し、主に株式等を公開する企業の大株主等が保有する既に発行された株式等の売り付けの申し込みまたは投資家にその買い付けの申し込みを勧誘することをいいます。
なお、「公開価格」は企業の経営成績、財政状態、成長性等の同業他社比較、投資家の需要などを検討したうえで決定されます。
新規公開された会社は、一般投資家が十分に投資判断を行うことができるような資料を提供するため、金融商品取引法における企業の事業内容、財務内容等(有価証券報告書等)の定期的な法定開示(ディスクロージャー)と、重要な会社情報等(決算短信等)を一般投資家に対してタイムリーに提供するため、金融商品取引所における決算短信等の適時開示が義務付けられています。一方で、資金調達手段の多様化、財務体質の強化、信用力・知名度の増大、人材の確保などのメリットが多くあります。

(出典 SMBC日興証券)

 

Initial Public Offeringの略。一般的には、(新規)株式公開とも言われる。少数株主に限定されている未上場会社の株式を証券取引所(株式市場)に上場し、株主数を拡大させて、株式市場での売買を可能にする。

新たに株券を発行して株式市場から資金を調達する「公募増資」や、以前から株主に保有されていた株式を市場に放出する「売出し」がある。

上場した企業は株式市場からの資金調達が可能になり、会社の知名度の向上によって、優秀な人材の確保が可能になるなどのメリットがある。一方で、投資家保護の観点から定期的な企業情報の開示(ディスクロージャー)が義務付けられる。

(出典 野村証券ホームページ)

 

IPOとは、「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることを言います。
株式上場に際し、通常は新たに株式が公募されたり、上場前に株主が保有している株式が売り出されます。これら株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOといいます。
企業にとっては上場することにより、直接金融市場から広く資金調達することが可能となり、また上場することで知名度が上がり、社会的な信用を高めることができるといったメリットがあります。

では、投資家にとってはどのような魅力があるのでしょうか?

  • 1.取得に際し、手数料がかからない。
  • 2.上場後の株価が大きく飛躍している銘柄が多い。
  • 3.銘柄によっては上場後、数ヶ月の間に株式分割を行う企業が多い。
  • 4.公募価格(売出価格)は割安に設定される場合が多い。
  • 5.新興企業など歴史の浅い会社が多く、今後の業務急拡大が期待できるなど。

一方、新規公開株(IPO)の注意点は以下のとおりです。

  • 1.上場後、株価が一方通行でブレやすい。
  • 2.株価は居所を落ち着けるまで3-6ヶ月程度かかる。
  • 3.新興企業等歴史の浅い、規模の小さい会社が多く、バリュエーションが把握しにくいなど。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

新規公開。"Initial Public Offering"の略。未上場の企業が新たに証券取引所に株式を上場させ、株式を一般投資家に販売すること。「投資した企業の成長が期待できる」「初値が公募価格を上回ることがある」などの魅力があるが、「案件ごとに取扱い証券会社が異なる」などの留意点もある。

(出典 三菱UFJモルガン・スタンレー証券ホームページ)

 

新規株式公開株主がオーナーや親族など、特定であった企業が、不特定多数の投資家から資金調達するために、証券取引所に上場したりして市場に新たに株式を供給すること。ノーベル賞を受賞した「iPS細胞」を手掛ける企業のIPOということで、市場の期待が盛り上がり公募価格の5倍の価格で初値がついた。会社を創業し、ビジネスが拡大すればするほど必要となるのが設備投資資金、運転資金といった事業資金です。銀行からの借入ではなく、より長期的な視点からすれば返済期限がない資金、つまり企業の資本を広く社会から募る、というのがIPOとなります。具体的には、企業の財務内容や事業等を証券取引所が審査した後、新たに発行する株式やオーナーの持ち株の一部を公募価格で売却、上場後、株式市場で取引されます。特に、将来性が見込める企業ほど投資家の人気が高く、公募価格での取得はなかなか困難となり、上場後の初値は公募価格の数倍まで跳ね上がる場合もあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)