銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ブックビルディング方式(IPO)とは

募集・売出価格の決定方法。証券投資への専門性の高い機関投資家等からの意見をもとに仮条件(価格帯)を設定、投資家に提示します。その提示された仮条件の範囲内で「いくらで何株買いたいか」という投資家の需要をもとに価格決定を行う方式です。仮条件の上限価格で決定されるケースが多くなっています。

(出典 三菱UFJモルガン・スタンレー証券ホームページ)

 

一般的に需要積み上げ方式と呼ばれ、引受証券会社が、以下のプロセスに基づいて、新たに公開(=新規公開)予定の会社の公開価格(=発行価格)を決定する方式のことをいう。
(1) 株価算定能力が高いと思われる機関投資家等の意見をもとに仮条件を決定する。
(2) その仮条件を投資家に提示し、投資家の需要状況を把握することによって、マーケット動向に即した公開価格を決定する。
1997年8月までは、株式を新規に公開する場合、入札方式しか認められていなかったが、入札方式の問題点(公開価格が高く設定されがちであり、公開後の株式の円滑な流通に支障を来たすことがある)等が指摘され、同年9月以降に公募等に係る取締役会決議をおこなう新規上場申請会社は、新規公開についてブックビルディング方式か入札方式のいずれかを選択することができるようになった。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ブックビルディング方式とは、一般的に「需要積み上げ方式」とも呼ばれ、引受証券会社(幹事証券会社)が、新たに公開(新規公開)予定である企業の株式の公開価格(発行価格、売出価格)を決定する際、既公開銘柄の公募増資や売出しに際して発行価格や売出価格を決定する際、転換社債型新株予約権付社債(CB)発行に際して転換価格の市場価格からのアップ率を決定する際などに使われる方式のことをいいます。新規公開における公開価格の決定は、引受証券会社が、まず、株価算定能力が高いと思われる機関投資家等の意見をもとに仮条件を決定します。そして、その仮条件を投資家に提示し、投資家の需要状況を把握することによって、マーケット動向に即した公開価格を決定するというプロセスで行われています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

ブックビルディング方式は、株式や債券の新規発行や売り出しに際して、引受証券会社が仮の発行条件を提示して投資家の需要を調べた上で公開価格を決定するため、「需要積み上げ方式」とも呼ばれます(ブック=予約、ビルディング=積み上げ)。ブックビルディング方式による公開価格の決定方法は、次のとおりです。1.主幹事の証券会社が発行会社の財務内容等を基に発行価格の上限と下限(仮条件:ブックビルディングの参考価格レンジ)を定めます。なお、仮条件については取扱証券会社にお問い合わせください。

2.投資家は、証券会社の店頭もしくは電子交付で目論見書を受け取り、ブックビルディング期間(どれぐらい投資家から注文が入るか取扱証券会社がヒアリングする期間)中に、仮条件を基に需要申告を行います。この段階では申込金は不要です。

3.ブックビルディング期間に出された需要申告を積み上げ、その結果等を基に募集・売出価格が決定されます。投資家は募集・売出価格を確認の上、申込期間中に購入代金の払い込みを行います。

なお、ブックビルディング期間中に需要申告をしなかった場合は、申込期間中の購入ができないことがあります。また、売出価格が需要申告で提示した買い付けの希望上限価格を上回って決定された場合や、購入希望株数の合計が売出株数を上回った場合には、希望の株数を購入できない場合があります。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

投資家の需要に基づいて新規公開株の発行価格を決定する方法。個人投資家が新規公開株を購入するにはブックビルディングに参加する必要があり、応募数が募集数を上まわった場合一定の条件で抽選となる。具体的な方法は以下の通り。 1.仮条件の決定=価格機関投資家等の意見を基にする。 2.仮条件の提示=投資家に対して仮条件を提示する。 3.ブックビルディング期間=投資家が仮条件を基に希望購入価格・希望株数を申告する。 4.発行価格の決定=投資家の需要を基に公開価格(発行価格)を決定する。 ブックビルディング方式以外の新規公開株の発行価格を決定する方法としては入札方式がある。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)