銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

シンジケートローンとは

シンジケートローンとは、お客さまの資金調達ニーズに対して、アレンジャーが複数の金融機関を取りまとめてシンジケート団を組成し、1つの契約書に基づいてお貸し出しを行う融資形態です。

シンジケートローンの形態は、大きく分けて以下の2通りあります。

タームローン

証書借入をシンジケートローン方式で行う融資形態です。通常、契約時に一括してお借り入れいただきますが、契約日から一定期間内ならいつでも分割してお借り入れができる契約もあります。

コミットメントライン

あらかじめ決められた期間・借入限度額の範囲内であれば、いつでもお借り入れができる融資枠です。シンジケート団の参加金融機関は、一定の条件が満たされることを前提に、お貸し出しを確約(コミット)します。
シンジケート団組成の形態は、大きく分けて以下の2通りあります。

ジェネラル・シンジケーション方式

新規取引金融機関も含め、幅広く参加金融機関を募集してシンジケート団を組成する方法です。

クラブ・ディール方式

既存取引金融機関等、限られた金融機関でシンジケート団を組成する方法です。

(出典 三菱UFJ銀行ホームページ)

 

シンジケートローンとは、お客さまの資金調達ニーズに対し複数の金融機関が協調してシンジケート団を組成し、一つの融資契約書に基づき同一条件で融資を行う資金調達手法です(※)。参加金融機関をアレンジャー(幹事金融機関)が募集する点において社債発行と似た面がありますが、シンジケートローンは金融機関からの「お借入取引」です。設備投資資金のような長期資金の調達を行う場合のみならず、コミットメントラインのような短期融資枠の組成においても有効な手法です。
※各金融機関は一つの融資契約書に基づき個別に貸出を実行します。

(出典 三井住友銀行ホームページ)

 

幹事金融機関(アレンジャー)が複数の金融機関をとりまとめてシンジケート団を組成し、単一の契約証書で同一の約定条件に基づいて行う融資の形態。通常、参加金融機関の債権は譲渡可能となる。

(出典 日本政策投資銀行ホームページ)

 

複数の金融機関がシンジケート団を組成し、同一条件で共同で融資を行うこと。
「協調融資」ともいいます。主として規模の大きな融資案件について行われ、複数の金融機関が共同で融資することによりリスクの分散を図ります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

複数の金融機関がシンジケート団を組成し、同一の取引条件の下で、同一の契約書によって同時期に行う協調融資のこと。市場調達を行う「直接金融」と相対取引を行う「間接金融」の中間的な資金調達(市場型間接金融)に位置付けられる。

借り手は、個別の金融機関では対応できない多額の資金調達が可能となり、社債と比べて期間や返済方法など自由な取引条件を設定することができる一方、融資利息とは別に、取りまとめを行う「アレンジャー」や、ローン期間中の事務代行等を行う「エージェント」に手数料を支払う必要がある。

海外では、古くから途上国向け融資などの目的で組成され、米国を中心にM&Aなどの資金調達手段として発展してきたが、2000年以降は国内市場でも規模が拡大傾向となっている。日銀の量的・質的金融緩和強化で、国内債券の運用に制約が出てきた機関投資家等が、運用の多様化を求めて海外企業向けのシンジケートローンを行うケースも出て来た。なお、海外の企業等が日本で行う円および他通貨のシンジケートローンを「ニンジャローン」、円建てのシンジケートローンを「サムライローン」と呼ぶ。

(出典 野村證券ホームページ)

 

シンジケートローンは、企業等の資金調達ニーズに対し、アレンジャー役の幹事金融機関が複数の金融機関を協調融資団(シンジケート団)として取りまとめ、同一の契約書に基づいて融資を行うものです。

シンジケートローンは90年代後半に欧米より入ってきた調達手法であり、今日の本邦シンジケートローン市場は米国・英国等に続く世界有数の規模に拡大、年間25兆円程度の成熟した市場を形成しています。活用企業は上場・大企業だけに留まらず、非上場・中堅中小企業にも広く活用されており、有効な資金調達手法の一つとして認知されています。

(出典 みずほFGホームページ)

 

シンジケートローンとは、大型の資金調達をお考えのお客さま(調達企業)が、アレンジャーとなる金融機関を選定し、複数の金融機関が協調してシンジケート団を組成後、同一の契約書により参加行が協調して行う融資のことをいいます。契約調印後は、エージェントが契約期間中の事務管理及び当事者間の調整を行います。

(出典 みなと銀行ホームページ)

 

お客さまに対し、複数の金融機関が協調融資団を組成し、同一の条件で貸付等の信用供与をおこなう方法です。間接金融と直接金融の間に位置づけられる商品で、市場型間接金融とも呼ばれています。

こんなお客さまが対象です
  • 大口の資金調達を予定しているお客さま(社債償還、設備投資等)
  • 資金効率化を図っているお客さま(コミットメントラインの導入)
  • 営業エリアの拡大に伴い、新規の金融機関との取引を希望されているお客さま
 
シンジケートローンのメリット・デメリット
  • メリット
    • 多額な資金調達への機動的対応が行えます。
    • 調達手段・調達先の多様化が図れます。
    • 金利・担保など貸出条件の一元化・均一化が図れます。
    • 契約事務、元利支払事務コストの削減が図れます。
    • 資金効率の向上が図れます。
  • デメリット
    • 手数料の支払が生じます。
    • 表明保証、誓約義務の明記等による義務と責任が明確化されます。
シンジケートローンの主な種類
  • ターム・ローン型
    期限付き貸出です。契約当初より実際の貸出が発生し、中長期貸出が中心です。
  • コミットメント・ライン型
    広義では、金融機関団による貸出枠の明示的供与。期間は1年が主流です。コミットメントの対価として融資枠の未使用分についてコミットメント・フィーをお支払いいただく方法と融資枠の極度に対してファシリティ・フィーをお支払いいただく方法があります。
  • コミットメント付タームローン型
    一定の契約期間(コミットメント期間)内に分割貸出が可能な融資枠を設定し、コミットメント期間終了時に融資総額をタームローン(証書貸付)へ変更する融資契約のことをいいます。

(出典 中国銀行ホームページ)