銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

トークンとは(インターネットバンキング関連等)

トークンとは、ワンタイムパスワード生成器のことで、約30秒ごとに異なる新しいパスワード(ワンタイムパスワード)を生成し、液晶部分に表示します。(ソニー銀行の場合)

トークンを口座に登録していただくと、はじめてお客さまの口座情報と結びつきます。

(出典 ソニー銀行ホームページ)

 

 トークンとは、お客さまがお取引をされる際に必要な本人認証として、1度だけ有効なパスワードが表示される大切なものです。
新規口座開設後、当社より無料でお送りしています。トークンがお客さまのお手元に届いてから、利用登録を行っていただきますと、はじめてお客さまの口座情報と結びつきます。

(出典 ジャパンネット銀行ホームページ)

 

「トークン」とは、ワンタイムパスワードを表示する機械(パスワード生成機)のことを指します。
当行では、キーホルダー大のハードウェアトークンをご提供しており、インターネットバンキングの新規ご利用申込時に、当行より無料でお送りしています。

(出典 みなと銀行ホームページ)

 

ハードウェアトークンは、持ち運び可能な専用機器にワンタイムパスワードを表示します。

振込等のお取引時に、液晶に表示されるワンタイムパスワードを入力することでお手続きが完了します。

一定時間ごとに自動的に新しいパスワードに切り替わるため、ご利用カード(乱数表)よりも安全性が高まります。

スマートフォンをお持ちでない方はこちらをご利用ください。

(出典 りそな銀行ホームページ)

 

ソフトウェアトークンは、スマートフォンアプリ「VIP Access」にワンタイムパスワードを表示します。

振込等のお取引時に、アプリに表示されるワンタイムパスワードを入力することでお手続きが完了します。

一定時間ごとに自動的に新しいパスワードに切り替わるため、ご利用カード(乱数表)よりも安全性が高まります。

スマートフォンをお持ちの方はこちらをご利用ください。

(出典 りそな銀行ホームページ)

 

ソフトウェアトークンとは、一定時間ごとに変化する使い捨てのパスワード(ワンタイムパスワード)を生成・表示するパスワード生成ソフトのことで、スマートフォンまたは携帯電話にダウンロードし使用します。

パスワードは1分ごとに更新され、1度使用したパスワードは、その時点で使用できなくなることから、万一スパイウェアやファイル交換ソフトによりパスワードが盗まれたとしても、次の取引では異なるパスワードが必要となるため、不正防止に有効な対策となります。

(出典 商工中金ホームページ)