銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

トークンとは(仮想通貨関連)

仮想通貨に関するトークンとは、ビットコインなどの既存のブロックチェーンの仕組みを使って発行されたコインのこと。発行者がいて発行枚数などを自ら決めることができるのが特徴。独自のブロックチェーンで発行され、発行者がおらず発行枚数に上限があるカレンシータイプに対して、アセットタイプと呼ばれる。

また、トークンはICO(新規仮想通貨公開)で資金調達する際に発行され、トークンの発行元のビジネスが成功すればするほど発行されたトークンの市場価値が高まる要因になることから、株式と同じような性質を持つとされる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

トークンにつきましても、現在確固たる定義はございませんで、ICOにおきましては、一般的にはブロックチェーンに記録されたデジタル資産であるといえるのではないかと考えております。

(出典 金融庁ホームページ「仮想通貨交換業等に関する研究会(第1回)議事録」)

 

企業等が発行する価値記録を表象する媒体が株式や債券でなくデジタルデータであるトークンである理由は、ブロックチェーン技術を活用したトークンを発行することにより、非常に安価に流通性のある媒体を発行できるようになったことがあります。
これまで、有価証券のような紙媒体でかつ流通性の高いものを発行するためには、偽造防止や印刷・保管コストなどが必要になり、また、デジタルデータを流通させる場合、資金決済システムのように独立性や高度なガバナンスを備えた「データ管理者」や高性能のシステムと厳格なセキュリティ対策が求められる「データ管理」とそれに見合う手数料が必要になるなど、いずれにしても割高な手法しかありませんでした。
また、トークンの発行は、容易に国境を越えて世界中からトークン購入者を募ることが可能になるというメリットもあります。このため、トークンのプラットフォームとなるブロックチェーンの基盤は世界を網羅的にカバーできるイーサリアムといったパブリック型ブロックチェーンを活用することが大半となっています。

(出典 KPMGジャパンホームページ)