銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

チャリタブル・トラスト(慈善信託Charitable Trust)とは

オリジネーターとは資本面でも人的にも独立したSPCが、証券化のために設立されたSPCの親会社となることで、オリジネーターとの倒産隔離を図る手法。SPCはケイマン諸島等に設立される。オリジネーターとは無縁の第三者が発起人となってSPCに全額出資し、この株式全部を信託会社に信託、同時に信託会社は英米法特有の信託宣言を行い株式を信託保有。信託会社は、信託契約満了時には会社の残余資産を慈善団体に寄付する。

(出典 日本政策投資銀行ホームページ)

 

慈善信託のこと。オリジネーターとは資本面でも人的にも独立したSPCが、証券化のために設立されたSPCの親会社となることで、オリジネーターとの倒産隔離を図る手法。

(出典 全住協NETホームページ)

 

チャリタブルトラスト(Charitable Trust)のこと。

不動産証券化にあたり、海外に設立されたSPCの普通株式を無償譲渡された海外の信託会社が、英米法特有の制度である信託宣言を利用して、自ら委託者兼受託者となり、信託期間満了時に、海外SPCの残余財産を慈善団体に寄付することを契約する信託。

商法上の株式会社や有限会社等を利用して不動産証券化を行う場合、慈善信託とケイマンSPCを組み合わせて倒産隔離を図ることが多い。

(出典 不動産ジャパンホームページ)

 

不動産の証券化では、SPCとオリジネーターとの間に資本関係が存在しないようにすることで倒産隔離を図る。チャリタブルトラストは、その資本関係切断の方法として活用される制度で、将来慈善団体に資本金等の財産を寄付することを約することから「慈善信託」と訳される。一般的にタックスヘイブンと組合わせて使われ、チャリタブルトラストが保有する会社をタックスヘイブンに設立し、国内SPCの議決権付株式をこの会社に保有させることで、中立的な株主を作り出す。

(出典 日本プロパティ・ソリューションズホームページ)