銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

オリジネーター(Originator)とは

債権を最初につくりだした原債権者をいうが、アセットファイナンスの場合は、流動化するための資産を所有していた企業のことをさす。オリジネーターは、資産を流動化した後は、SPCからの倒産隔離の要請から、施せる信用補完は一定程度に限定されるが、匿名組合員として一定の匿名組合出資を行ったり、信託譲渡先である信託銀行から資産の賃借を受け、テナントに転貸を行ったり等、スキーム上では種々の局面で登場する。

(出典 日本政策投資銀行ホームページ)

 

資産証券化商品に関して、対象となる資産(原資産)の当初の債権者をいう。

証券化に際し発行の起点としての役割を担い、自身の原資産を特別目的会社に売却することで、資産の生み出すキャッシュフローを受け取る権利は証券の投資家へ移転されることになる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

不動産証券化において、保有する不動産、不動産の信託受益権、不動産収益を裏付けとした貸出債権等を、SPC 等の証券化を行う発行主体(ビークル)に譲渡する者のこと。原資産保有者、資産譲渡人ともいう。
オリジネーターは自らが保有している不動産・債権を譲渡して資金調達を行う、資金調達者でもある。

(出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順))

 

所有する不動産や債権などの資産を譲渡したり信託したりして資金を調達する企業をさします。オリジネーターが譲渡したり信託したりした資産は、特定目的会社(企業が保有する資産を譲り受け、それを担保に社債や証券を発行するなど特定の目的のために設立される会社)などに売却、証券化されて投資家に販売され、オリジネーターの資金になります。オリジネーターには、流動性の低い資産を使って効率的に資金を調達できるメリットがあります。なお、資産には住宅ローン債権も含まれます。

(出典 LIFULLHOME'Sホームページ)

 

貸出債権や保有する不動産などの資産は証券化することが出来ます。その資産証券化した商品に関して、対象となる資産の当初の債権者のことをオリジネーターと言います。オリジネーターが持つ資産は資金調達のために特定目的会社に売却された後に証券化され、その証券が証券会社を通じて投資家に販売されます。オリジネーターは資産を証券化することによって、資産をオフバランス化することが出来るので財務状況を改善することが出来、流動性の低い資産を活用して資金調達できるメリットがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

不動産の証券化において、証券化の対象となる不動産、不動産信託受益権、不動産担保債権などを証券の発行に当たるSPC等に譲渡する者。原資産保有者、資産譲渡人ともいわれる。

証券化をスタートさせる役割を担うが、資産を譲渡したオリジネーターは資金を調達できるのである。また、オリジネーターは、証券化を推進する者と同一の場合もあるし、いったん不動産を譲渡したうえで、改めて同じ不動産を賃借することもある。

(出典 みずほ不動産販売ホームページ)

 

ある金融債権を最初に創り出した者を指すが、不動産の証券化においては、原資産(債権)の所有者で、SPCに対して原資産(債権)を譲渡・売却する(した)者のことをいう。セラー(Seller)ということもある。証券化の対象となる資産の信用力が高ければ、オリジネーターは自社の信用力に依存せず、資本市場から低利で資金調達することができる。また、SPCへの資産売却が真正売買と認められれば、当該資産のオフバランス化が可能となる。オリジネーターは、資産を流動化した後も、一定の信用補完等の役割も大きい。

(出典 日本プロパティ・ソリューションズホームページ)