銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

土壌汚染調査レポートとは

土壌汚染対策法や地方自治体が定めた条例等に基づく土壌汚染調査や、不動産取引等において対象土地の汚染リスクを確認するため土壌汚染調査を行い、報告を行うもの。
その調査項目や範囲は、調査目的によって、土壌汚染対策法で定められた物質・範囲や、自主的に設定した調査方法・範囲となる。
主な調査目的には、①法令に定められた有害物質を使用している施設(水質汚濁防止法、下水道法により届出を必要としている施設等)や条例で定められた行為等を行う場合、②不動産取引において、購入する土地のリスクを明らかにしたい場合や、土地の売主としての責務を果たすため土壌汚染状況を確認したい場合、③不動産鑑定のエンジニアリング・レポートの作成に土壌汚染調査が必要な場合、④不動産証券化取引に伴って、投資者に対する第三者評価レポートに土壌汚染調査が必要な場合、等がある。

(出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順))