銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

不動産投資信託とは

投資家から集めた資金と主として不動産等で運用し、その運用益を投資家に分配する集団投資スキームの一つ。「投資信託及び投資法人に関する法律」が定める制度には投資信託制度と投資法人制度があり、前者の形態を契約型投信、後者を会社型投信ともいう。2000 年11 月の法改正により、同法に基づく制度の運用対象が、有価証券から不動産等を含む一般の財産権にまで拡大されたことから組成が可能となった。2001 年9 月に最初の不動産投資信託が東京証券取引所に上場した。上場した不動産投資信託は、その英語表記(Real Estate Investment Trust)の頭文字を組み合わせたREIT に、その日本版との意味でJ を加え、J-REIT(J リート)とも呼ばれる。

(出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順))

 

投資信託とは複数の投資家から資金を集めてまとめて運用し、その結果得られた収益を投資家に分配するという仕組みのことであり、不動産投資信託とは、投資家から集めた資金と借入金で不動産や債権を所有し、そこから生じる賃料や売却益が投資家に配当される仕組みです。平成13年9月10日、日本で初めての不動産投資信託として、日本ビルファンド投資法人とジャパンリアルエステイト投資法人が東京証券取引所に上場しています。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)