銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

プロパティマネジメント(Property Management)とは

不動産所有者・アセットマネージャー等から業務委託を受けて行う投資対象不動産の収益向上等を目的とした不動産の運営・管理業務のこと。運営・管理業務には、テナント管理業務として新規テナント募集及び契約条件の交渉や日常的な窓口業務、物件管理業務として建物・設備の保守管理業務の実行や不動産の管理に関する予算計画の策定等がある。運営・管理業務の実行者をプロパティマネージャーという。

(出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順))

 

ビルや街はつくるだけではなく、その後いかにして価値を高めていくかが重要です。プロパティマネジメント(PM)とは、不動産のオーナーから委託を受け、オフィスビルや商業施設などの運営管理を代行する業務のこと。オーナーのニーズを汲み取り、様々なテナントを誘致したり、日々の施設環境を充実させるなど、街に集う全ての人々に対して「安全・安心・快適・清潔」な環境を提供することで、ビルの価値・評価を高めていきます。PMを手掛ける企業や人は「プロパティマネージャー」と呼ばれています。

プロパティマネジメント(PM)は、オーナーからビル(資産)をお預かりし、オーナーに代わってテナントと契約を結び、賃料を回収します。そこで手数料という形でフィーをいただき収益を得る。これがPMの基本的なスキームです。したがって、私たちのお客様はオーナー、テナントの両者となりますが、ビルの商業施設にお買い物やお食事にいらっしゃる方々もお客様と考えています。来館者が増え、商業テナントの収益が向上すれば、それが賃料の安定的回収につながるからです。ビルの収益性を高める運営を推進していくとともに、テナントや訪れる人々に「安全・安心・快適・清潔」な環境を実現してビルや街の価値を高め、オーナーに還元していく。これが私たちPMの仕事です。

(出典 三菱地所プロパティマネジメントホームページ)

 

プロパティマネジメント(PM)とは、不動産経営に関する様々な業務をオーナーに代わって行う“不動産経営代行業”です。不動産に係る個別の定型業務を請負うのではなく、一棟一棟の物件それぞれの事情に合わせた真摯で親身なソリューションを提供し、不動産経営全般をサポートする、いわば不動産経営のアウトソーシングです。ビル収入増加策の提案、日々のビル設備のメンテナンス計画、コスト削減やバリューアップなどを図ることにより、ビル収益の極大化がプロパティマネジメントの役目です。

(出典 日本プロパティ・ソリューションズホームページ)

 

プロパティマネジメントとは、ビル経営にかかわるさまざまな業務を、オーナー様に代わって専門スタッフが実施し、物件を適切に管理することで、その資産価値を維持・向上させることです。また、単に管理業務の代行だけではなく、物件ごとに異なる状況に合わせて適切なソリューションを提案し、ビル経営の利益を最大化することが求められる、まさに不動産経営のアウトソーシングだといえます。

(出典 ケンコーポレーションホームページ)

 

プロパティマネジメントとは、財産(property)としての不動産を管理・運営し、最大収益化を図る業務のことです。
業務の目的は、個々の不動産における投資収益の最大化と維持管理コストの削減となります。
業務内容は、物件の運営・管理に関する計画の策定と実務、賃料の回収、クレーム対応、テナントとの交渉などです。
不動産流動化市場が成熟している米国では、CPM(Certified Property Mgr 認定不動産管理士)のライセンス制度があり、プロパティマネジメントが重視されてきました。日本でも2002年にIREM JAPAN(旧国際CPM協会)が設立され、CPM制度がスタートしています。

(出典 ライフルホームズホームページ)

 

プロパティマネジメント(property management)には財産管理や不動産管理という意味があるが、不動産投資信託では後者の不動産管理の意味で使われている。
不動産所有者、アセットマネージャー等から業務委託を受けて行う投資対象不動産の収益向上等を目的とした不動産の運営・管理業務のことである。
具体的には、建物の保守管理、賃貸条件の交渉やクレーム対応を含めたテナント管理、修繕計画の策定など、建物等についての多岐に渡る管理業務を指す。
運営・管理業務の実行者をプロパティマネジャーという。

(出典 センチュリー21ホームページ)

 

REIT(及びJ-REIT)においては、不動産の管理を行うことをいう。ただ単に管理するだけでなく、物件の収益力をあげるために必要な措置(長期修繕計画の策定やテナントの選択等)を行う積極的なマネジメント能力が必要となる。アセットマネジメント会社が自ら行う場合もある。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)