銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

格付け(Rating)とは

企業の発行する社債等の債権、あるいは企業そのものの健全度・信用度等をランク付けしたもので、債権の元利払いの確実性(デフォルトの可能性)を、投資家向けに特定の記号で表す。格付けを行うのが格付機関であり、格付投資情報センター(R&I)、日本格付研究所(JCR)、Moody's、S&P等がある。なお、各金融機関は外部格付とは別途独自の格付手法に基づいた格付けを行うことが多く、それを内部格付という。

(出典 日本政策投資銀行ホームページ)

 

格付けとは、社債などに対する評価の指標。個別の債券に対して、約定通り元本と利息が支払われる確実性を、AAAやAa1などの符号で表示する(格付け会社ごとに表記ルールは異なる)。

格付けには、企業(発行体)が格付け会社に格付けを依頼して取得するものと、格付け会社が独自の判断で格付けをするもの(勝手格付け)とがある。また、長期債と短期債は、別々に評価される。

代表的な格付け会社は、アメリカのムーディーズ・インベスターズ・サービス、スタンダード・アンド・プアーズ・レーティング・サービスなど。日本にも日本格付け研究所、日本格付け投資情報センター(通称R&I)などがある。

格付けは、高くなるほど債権の金利が低くなる(企業側にとって有利な調達ができる)。また、債券の金利だけでなく、銀行から資金を借入る際の金利にも影響する。

格付けを理解するうえで注意しなければならないのは、格付け会社が評価しているのは、あくまで「信用リスク」だということである。決して企業の全体的な経営能力を評価しているものではなく、必ずしも企業価値とは結びついていない。

例えば、企業が新しい技術に投資し、将来大きなリターンを得られる可能性が出れば、企業価値は上がり株価も上昇するだろう。しかし、投資がキャッシュフローを圧迫すると、債務履行の確実性を下げてしまうから、格付けの観点からはマイナスとなる。

いずれにせよ、(効率的な)市場が価格を決定する株価と、特定の機関が自己の判断で行う格付けの差異は明確に意識しておくべきであろう。

なお、債券以外に格付けの対象となっているものに、預金、投資信託、保険支払能力、デリバティブ、仕組み債、証券化商品などがある。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

R&I の信用格付とは、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定通りに履行される確実性(信用力)に対する R&I の意見です。
R&I では、個々の債務に対して信用格付を付与するに当たり、まず発行体が経営破綻に陥るなど債務不履行となる可能性(デフォルトリスク)を分析し、次いで債務不履行時の損失の可能性(回収リスク)を判断します。
R&I における信用力の評価では、デフォルトリスクの分析が根幹をなします。この評価は、発行体が負うすべての金融債務についての支払い能力を見極めることを目的としており、この段階での信用格付を「発行体格付」といいます。個々の債務の信用格付は、発行体格付を基本としており、同一の発行体の債務は通常、発行体格付と同じ符号となります。ただし、債務によっては担保が設定されていたり、財務上の特約や劣後特約が付されている場合などがあるため、個々の債務ごとに回収リスク等を評価し、必要な場合は符号に反映します。そのため、同じ発行体の債務であっても、発行体格付とは異なる符号を個々の債務に付与することがあります。この段階での信用格付を「長期個別債務格付」といいます。
なお、R&I は信用格付によって、信用リスク以外のリスク(個々の債務等の流動性リスク、市場価値リスク、価格変動リスク等を含みます)について、何ら意見を表明するものではありません。

(出典 R&Iホームページ)