銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

私募ファンド(プライベートファンド)とは

複数の投資家から募集した資金を不動産に投資する不動産投資ファンドのうち、特定又は少数の機関投資家等から資金を募る形態のものをいう。
金融商品取引法では、特定の適格機関投資家等から対象とするものを「適格機関投資家私募(プロ私募)」、少数(50 人未満)を対象とするものを「一般投資家私募(少人数私募)」という。運用やディスクロージャーに関する規制は公募より緩やかで商品設計等もオーダーメイド的性格を有する。

(出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順))

 

投資家から資金を募って運用する事業のなかで、資金を募る対象者が狭く限定されているものをいう。

また「プライベートファンド」ということもある。通常、募集対象が50人未満のものを指すが、特に対象を適格機関投資家に限った「プロ私募」による事業も私募ファンドの一つである。また、募集対象者を選別するような私募ファンドもある。

一般的に、ハイリスク・ハイリターンの運用をめざすことが多く、通常、不動産投資が組み込まれる。オポチュニティファンドと似た性格を帯び、運用者の裁量の範囲が大きい。

(出典 アットホームホームページ)

 

私募ファンドとは、投資家から集めた資金を不動産に投資する不動産投資ファンドのうち、特定又は少数の機関投資家から資金を募る形態のものをいう。証券取引法では、特定の適格機関投資家を対象とするものを、「適格機関投資家私募(プロ私募)」、少数(50人未満)を対象とするものを、「一般投資家私募(少人数私募)」という。私募ファンドは、証券取引法の規制対象外である匿名組合方式で投資家を募集する場合が多ので、外部に対する開示義務がないため設立が容易。

(出典 リクルートエージェントホームページ)