銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

オポチュニティファンド (Opportunity Fund)とは

リスクとリターンのバランスにより分類した不動産投資戦略のひとつで、好機補足型のファンドのことをいう。オポチュニティファンドは、リスクを冒しつつ非常に高い利回りを目指すのが特徴で、対象不動産は無制限、投資期間も特に限定されず高水準のレバレッジを活用するのが特徴である。

(出典 日本プロパティ・ソリューションズホームページ)

 

私募ファンドのひとつで、市場平均より高い運用実績を上げることを目指す。
投資対象を限定せず、一般的に投資対象が限定的なファンドよりも比較的安価で取得できる。投資家へのリターンは高いが、リスクも高い。

(出典 野村不動産アーバンネットホームページ)

 

私募ファンド(任意の契約によって投資家から集められた資金を運用者が運用し、その成果を出資額に応じて投資家に還元する仕組み。元本保証はなく、リスクもリターンも投資家に帰属する)の一つで、高い運用実績を売り物にするものをいう。

投資対象を限定せず、運用者に自由な裁量権を与えてリターンを高めることに特徴があるが、一般に投資対象が限定的なファンドよりもリスクが大きい。不動産を投資対象とすることが多く、アメリカで普及した。

(出典 アットホームホームページ)