銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

資産の流動化に関する法律(資産流動化法)とは

1998 年9 月「特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律」が施行され、2000 年5 月には同法を改正し、スキーム上の制約等を改善した「資産の流動化に関する法律」(SPC 法という)が成立した。
特定目的会社(TMK)や特定目的信託を用いて資産を保有し、その資産を担保に有価証券等を発行したり、信託受益権の譲渡等を行うことにより資産の流動化を図ることを目的とするが、2000 年の改正に伴い、対象とされる資産の範囲は、不動産、指名金銭債権(銀行の貸付債権、リース債権、企業の売掛債権)とその信託受益権であったものから、これらを含む財産権一般にまで拡大された。なお、2001 年以降、各種の改正が行われている。

(出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順))