銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

適格機関投資家とは

適格機関投資家というのは、金融商品取引法第2条3項1号で規定している「有価証券に対する投資に係る専門的知識及び経験を有する者として内閣府令で定める者」を指します。法律で認められている投資の専門家になり、金融商品取引法上の行為規制の適用が一部除外されます。どのようなものが適格機関投資家にあたるかは、法律で定められていて、証券会社や投資信託委託会社を始めとして、銀行や保険会社、協同組織金融機関、ベンチャーキャピタル会社などが該当し、投資事業有限責任組合や年金資金運用基金なども当てはまります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

有価証券投資に関する専門的知識や経験を有する者として金融商品取引法に定められている者のこと。
銀行、証券会社、保険会社、投資顧問会社、投信会社などを指します。法律上の用語です。

(出典 大和証券ホームページ)

 

有価証券に対する投資に係る専門的知識及び経験を有する者として金融商品取引法で定められている者のこと。
銀行等の金融機関、届出を金融庁長官に行った者 、指定された農協等、届出を要せずに該当する者が存在し、金融庁のウェブサイトでリストが公表されている。
適格機関投資家は、プロであることから、一般投資家に比べて法令等の規制が緩やかである。
また、適格機関投資家は、特定投資家に含まれる。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

金融商品取引法第2条3項1号において、「有価証券に対する投資に係る専門的知識および経験を有する者として内閣府令で定める者」を適格機関投資家と規定しています。内閣府令では、証券会社、外国証券会社の支店、証券投資信託委託業者、銀行、保険会社、信用金庫と信金中央金庫、労働金庫と連合会、農林中金、商工中金、信用組合と連合会、信連、共済連、農協と漁協の各一部、投資顧問会社、年金資金運用基金などを適格機関投資家と定めています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

有価証券に対する投資に関して専門的知識・経験を有する者として大蔵省令で定められた者をいう。銀行、証券会社、生命保険会社などを指す。適格機関投資家に対して有価証券の募集がなされる場合をプロ私募という。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)