銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

SPVとは

Special Purpose Vehicle の略。一般的には「エス・ピー・ブイ」と読む。

(出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順))

 

特定目的事業体(Special Purpose Vehicle)の略で、所有者より譲り受けた資産を裏付けに証券を発行したり、借り入れや投資を受け入れるための便宜上の「器」のことです。このうち法人格を有するものを特にSPC(Special Purpose Company)と呼びます。

(出典 三井のリハウスホームページ)

 

 

SPVとは・・・特定目的事業体(Special Purpose Vehicle)のことで、不動産などの資産を裏付けに証券を発行するための組織。「投資ヴィークル」「証券発行専門体」ともいう。証券化の対象になる資産を法人本体から独立させることがポイント。法人と投資家への二重課税を回避するための「器」や「箱」という位置づけになる。具体的にはSPC、組合、パートナーシップ、投資信託など。

(出典 野村総合研究所ホームページ)