銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

GK(YK)+TK スキームとは

私募形式の不動産証券化スキームでは、証券化対象資産を不動産(実物)を原資産とする信託受益権とし、証券化ビークルとしての特別目的会社に「合同会社」を用い、当該合同会社を営業者とする匿名組合契約を通じて投資家が投資を行う方式。この方式は、慣習上、合同会社を表す「GK」と匿名組合を表す「TK」という略字を用いて「GK+TK スキーム」と表記する。なお2006 年5 月1 日の会社法施行前は、有限会社(YK)を利用していたため、「YK+TK スキーム」と呼ばれていた。GK+TK スキームが用いられる理由としては、株式会社を利用したKK+TK スキームでは会社更生法が適用された場合、担保権が更正担保権とされる可能性がリスクとしてあることなど、他の法人を利用した場合との比較において、優位性があるためと考えられる。

(出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順))