銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

NOIとは

Net Operating Income の略で、純営業収益のこと。
不動産賃貸事業に着目した収益概念で、総賃料収入から管理運営にかかる費用(固定資産税、修繕費等)を控除したもの。
投資判断の指標に用いられるNPV(正味現在価値)やIRR(内部収益率)を算定する際の収益として採用される。

(出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順))

 

Net Operating Incomeの頭文字をとったもの。不動産賃貸事業やREIT(不動産投資信託)の運用で生じるキャッシュフローに該当し、半年や年間など決算期における賃料から管理費用や固定資産税などの諸経費を控除した純収益。現金支出に関係しない減価償却費や借入負債の支払い利息、税金は差し引かない。

不動産やREITの資産価値を評価する指標として使われ、企業価値評価の指標で営業キャッシュフローに相当するEBITDAと類似している。

不動産物件の理論価格を求めるには、NOIをキャップレート(還元利回り)と呼ぶ利回りで割って計算することが一般的に行われている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

Net Operating Incomeの略で、年間賃貸収入から固定資産税・都市計画税・損害保険料・管理費等の諸経費を控除した減価償却額控除前の純収入を指します。

(出典 三井のリハウスホームページ)

 

NOI(Net Operating Income)とは、不動産の賃料収入などから得られる収益から、不動産の管理運営にかかる費用を控除した純営業収益のことを言います。

(出典 日本リテールファンド投資法人ホームページ)

 

Net Operating Incomeの略。純収益という意味で、収入(賃料)から、実際に発生した経費(管理費、固定資産税など)のみを控除して求める。減価償却費のような支出を伴わない費用、支払利息のような金融費用、修繕費などの資本的な支出は収入から控除しないため、事業によって生み出される単純なキャッシュフローとなる。

例えば、不動産賃貸により得ることのできる純粋な収益額がこれに相当し、資産価値を評価する場合の指標となる。

なお、NOIから資本的な支出を控除したものがNCF(Net Cash Flow)である。

(出典 アットホームホームページ)

 

プロの不動産投資家は不動産物件の収入を測る尺度として、「営業純利益(NOI)」を用います。
「営業純利益(NOI)」とは「満室賃料」から空室期間の損失や運営費等を差引いた手取り収入のことです。
例えば、「満室賃料」が100万円の賃貸マンションの空室による損失が10万円、運営費等が15万円のときの「営業純利益(NOI)」は75万円になります。また、不動産物件の収益力は、「営業純利益(NOI)」を不動産価格で割って表した「NOI利回り」を用います。

不動産投資で成功を収めるには「営業純利益(NOI)」や「NOI利回り」を用いて不動産の本当の実力を知り、より適正な売買価格を求めることが望まれます。

(出典 ライフルHOME'Sホームページ)

 

収益から減価償却前の費用を引いた収益のこと。(賃貸収益-賃貸費用+減価償却費)で算出する。物件の収益力を見る重要な指標。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)


NOIとは、Net Operating Incomeの略で、不動産の賃料(収入)から実際に生じた管理費や固定資産税などの経費を控除して求められる純収益のことです。減価償却費のような支出を伴わない費用、借入負債の支払利息、修繕費などの費用は収入から控除しません。不動産賃貸やREIT(不動産投資信託)の運用により得ることのできるキャッシュフローに当たり、不動産の資産価値を評価する指標として使われます。

(出典 東海東京証券ホームページ)