銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

信託銀行とは

証券化においてもっとも利用されることの多い金融機関。特にSPC法や投信法ではなく、匿名組合を利用して証券化を行う場合には、不動産を信託受益権とする必要がある。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)

 

信託銀行とは、信託業務を行う銀行のことで、顧客の現金だけでなく、株や債券などの金融資産、不動産などを預かり、管理、運用を行います。もちろん一般の銀行の業務も行っています。
投資信託の仕組みの中では、投資家から集めた資金を管理し、運用会社からの指示で資産の売買を行っています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

信託銀行は、預金・貸出・為替といった「銀行業務」では、都市銀行や地方銀行と同じことをしています。普通の銀行と違うのは、この銀行業務に加えてお客様の「信託」を受けた業務ができるという点です。

これは、お客様の財産(金銭・有価証券・不動産など)をお預かりして、運用・管理する業務のことをいいます。法人のお客様からは、企業年金の運用を任されることもあります。つまり、信託銀行は「銀行」と「信託」という幅広い業務を行うことで、お客様の大切な財産を守っているのです。

(出典 三井住友トラストホールディングスホームページ)