銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

オープンエンド型とは

投資資金の払い戻しを発行体が行う方式のこと。株式や債券の投資信託の場合、基準価格を元に換金される。J-REITはクローズドエンド型。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)

 

オープン・エンド型投資信託とは、いつでも換金可能な投資信託のことです。
国内の多くの投資信託はオープン・エンド型投資信託であり、換金する場合の価格は1日1回確定する基準価額になります。
オープン・エンド型投資信託に対し、換金はできないけれど、市場で売買される投資信託をクローズド・エンド型投資信託といい、上場投資信託/ETFや、不動産投資信託/REITがこれに当たります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

発行者が証券の買い戻しを保証している投資信託のこと。
いつでも自由に換金することができます。日本の投信の多くはオープンエンド型です。一方、発行者が買い戻しを保証していない投信のことをクローズドエンド型といいます。よく似た用語に「クローズ型」(単位型投資信託)がありますが、こちらは、ファンドが設定されたあと償還まで元本の追加が行われない投資信託のことです。

(出典 大和証券ホームページ)

 

発行者が、同ファンドを保有する投資家から換金の申し込みを受けた場合に、発行証券を買い戻すことを保証している投資信託。

投資家の側からみると、常時、自由に換金することが可能な投資信託で、換金は一般的に純資産価額(基準価額)に基づいて行われる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

運用期間中の投資家による解約請求権が認められている投資信託で、いつでも発行者に解約を請求し、時価に応じた資金を受け取ることができます。
※ただしファンドによっては、安定運用を行うために設定から一定期間を「クローズド期間(解約禁止期間)」とするケースもあります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

オープンエンド型とは、投資家の要求によってファンドの一部または全部を換金できるファンドのことです。投資家がいつでも自由に売り買いできる投資信託で、日本の投資信託の多くはこのタイプです。

(出典 ライフルHOME'Sホームページ)

 

投資家からの解約にいつでも応じるタイプの投資信託のことです。委託会社による受益証券の買取が保証されています。買取価額は基準価額に基づいた金額になります。わが国の契約型投資信託は、そのほとんどがオープン・エンド型投資信託となっています。

(出典 三菱UFJ国際投信ホームページ)

 

オープンエンド型とは、投資信託等において、投資家の請求による払戻しができるものをいい、クローズドエンド型とは、投資家の請求による払戻しができないものをいう。

一般に、証券投資信託商品はオープンエンド型の投資信託制度を採用しているものが多いが、既存のJリートは、クローズドエンド型を採用している。

ただし、上場したJリートの場合は、クローズドエンド型ではあるが、市場取引による流動性が確保されている。

(出典 不動産ジャパンホームページ)

 

償還期限前でもいつでも自由に換金出来る投資信託のことです。
換金する場合の価格は1日1回確定する基準価額になります。
受益者からの申し込みには委託者は応じなければ成らないのでその分運用資金が減少することとなります。
これに対し償還期限まで換金できないタイプを「クローズドエンド型投資信託」と言います。
日本の投資信託の主流はオープンエンド型です。

(出典 三京証券ホームページ)

 

投資信託のうち、受益権の買い戻し義務があるもの。

信託による投資は、投資者が金銭を受託者に提供し、受託者がその資金を運用し(運用先が不動産経営である場合がREIT)、投資者は運用益を受け取る権利(受益権)を保有するしくみである。この場合、オープンエンドにおいては、投資者は、いつでも受託者に対して受益権の買い戻しを求めることができる。このときの買い戻し価格は、純資産価額に基づいて算出される基準価額である。

金融商品として売り出されている契約型の投資信託のほとんどすべては、オープンエンドである。また、私募REITの大部分もオープンエンドである。

なお、受益権の買い戻し義務のない投資信託は「クローズドエンド」といわれ、会社型の投資信託に多い。上場されているREITもクローズドエンドである。

(出典 アットホームホームページ)