銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

旧耐震物件とは

昭和58年改正前の建築基準法及び関係法令等に基づき建築された物件のこと。現行の基準と比較して耐震性が低いとされている。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)

 

旧耐震基準とは
建築物の設計において適用される地震に耐えることのできる構造の基準で、1981(昭和56)年5月31日までの建築確認において適用されていた基準をいう。

これに対して、その翌日以降に適用されている基準を「新耐震基準」という。

旧耐震基準は、震度5強程度の揺れでも建物が倒壊せず、破損したとしても補修することで生活が可能な構造基準として設定されている。技術的には、建物自重の20%の地震力を加えた場合に、構造部材に生じる応力が構造材料の許容応用力以下であるかどうかで判断される。

なお、新耐震基準は、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような構造基準として設定されている。

(出典 アットホームホームページ)

 

旧耐震基準

建築物などが、どれくらいの地震に耐えられるかを示す基準で、1981年5月31日までの基準を「旧耐震基準」、同6月1日以降の基準を「新耐震基準」としています。旧耐震基準は「震度5強程度の地震では、ほとんど建築物が損傷しない」、新耐震基準は「震度6強から7に達する地震でも倒壊しない」と設定されています。新耐震基準は、1978年6月12日に発生した「宮城県沖地震」で旧耐震基準に則った家屋が多く倒壊し、甚大な被害を招いたため、導入されました。

(出典 ライフルHOME'Sホームページ)