銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

クローズドエンドとは

発行体に投資資金の払い戻し義務がない方式のこと。上場商品の場合、証券市場での価格を元に証券会社に委託して売却をを行うことになる。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)

 

クローズドエンド(クローズドエンド型)とは、投資信託の分類のひとつで、そのファンドが、組み入れ資産の時価に基づく純資産価格での買い戻しや解約を原則として認めていないものです。つまり、投資家が純資産価格での換金を求めても受け付けてもらえないので、換金を希望する場合は、取引所などを通じて他の投資家に売却することによってのみ可能になります。したがって、実際の売買価格は純資産価格とは離れた価格になることがあります。ファンドそのもののお金の出入りが少なく安定しているので、多少流動性に欠ける資産なども運用対象に入れやすくなります。会社型投資信託(投資法人)に多く見られるタイプです。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

クローズドエンド型投資信託

発行者が発行証券を買い戻すことを保証していない投資信託。
投資家の側からみると純資産価額に基づいた価格での換金は保証されていない。したがって、多くの場合、発行証券は金融商品取引所などにおける市場価格に基づいて取引される。このため、必ずしも売買に用いる価格は純資産価額とは一致せず、実際よりも高く評価される場合もあれば、低く評価されることもある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

発行者が証券を買い戻すことを保証していない投資信託のこと。
多くの場合、金融商品取引所などにおける市場価格に基づいて取引されます。一方、買い戻しが保証されている投信のことをオープンエンド型といいます。よく似た用語に「オープン型」(追加型投資信託)がありますが、こちらは当初設定された資産に追加可能な投信のことです。

(出典 大和証券ホームページ)

 

投資信託の換金可否による分類の一つで、換金(=買戻し、信託財産からの取り崩し)ができない投資信託です。代表的な投資信託はETFで、換金する場合は、証券取引所などの市場価格で売却します。一方、換金できるタイプはオープンエンドです。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

投資信託のうち、受益権の買い戻し義務がないもの。

クローズドエンドの場合には、信託の受託者は、受託資金を期限まで安定的に運用できるため、流動性に欠ける資産の運用も可能になる。一方、投資者は、保有する受益権を換金する場合には、受託者に買い戻しを求めることはできず、他者に売却する必要がある。

会社型の投資信託は大部分がクローズドエンドであり、上場されているREITもこれである。

なお、受益権を買い戻す義務のある投資信託は「オープンエンド」といわれ、契約型の投資信託の大部分はこれである。また、私募REITの大部分もオープンエンドである。

(出典 アットホームホームページ)

 

投資信託や投資法人のうち、資産を取り崩すことができないタイプのこと。解約できるものをオープンエンド型という。ファンドの発行する証券を、投資家の請求に応じて、純資産価額で取り崩して換金(解約)することが出来ないタイプ。一部解約や減資には応じないもの。クローズドエンド型の投資信託は、流動性に乏しく日々時価評価することが困難であるような資産に対して投資を行う場合に用いられ、換金性を担保するために市場に上場され、投資家は市場で売却することで換金を行う。例として、不動産投資法人や非上場株式に投資する投資法人が挙げられる。

(出典 投資信託協会ホームページ)

 

クローズドエンド型投資信託とは、発行証券を発行者が買い戻すという保証がなされていない投資信託のことです。組み入れ資産における時価に基づいての純資産価格での解約や、買い戻しをそのファンドが原則的には認めていないというものです。そのため、クローズドエンド型投資信託は一般的に、金融商品取引所などの市場の価格を基準にして発行証券は取引がなされます。このことによって、売買の価格は必ずしも純資産価額と一致するとは限りません。

(出典 東海東京証券ホームページ)