銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

サービスアパートメントとは

短期滞在を前提し、様々なサービスを付加したマンションのこと。例えば、フロントサービスや家具付きの部屋などを設定し、入居者の利便性を高めている。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)

 

高級ホテルのような室内で、自宅のように暮らせる“期間限定”の賃貸マンションのことです。海外では一般的ですが、日本では馴染みがないかもしれません。家具家電、食器などが備え付けられているので、着いたその日から自宅のようにリラックスして生活していただけます。

(出典 SUUMOジャーナルホームページ)

 

日常生活に必要な設備・サービスを備えた賃貸住宅。和製英語。

家具、食器などが備えられているほか、リネン類の交換などのサービスが提供されることもある。

(出典 アットホームホームページ)

 

サービスアパートメントは、外国では一般的な滞在用施設・物件です。日本ではまだ少ないので、海外旅行をしない人には馴染みが薄いかもしれませんが、海外で月単位、年単位で長期滞在する駐在員などは、このサービスアパートメントを契約することが少なくありません。サービスアパートメントは、「アパート」という名称が入っているものの、アパートとはかなり異なります。きれいな室内に、家具や家電、食器などが備え付けてあり、高級ホテルのような内装であることが大半で、何も持たなくても快適に生活できるようになっています。近年は「家電備え付け」の賃貸物件も増えていますが、例えば、同様に家具・家電が備え付けられていて自由に使えるウィークリー・マンスリーマンションと違うところは、室内清掃担当やコンシェルジュなどによるメンテナンスサービスが付いているところ。掃除やクリーニング、ベッドリネンの交換などを行ってもらえます。物件によっては、朝食サービスが付いていたり、プールやマシンジムなどフィットネス施設が自由に使えたりといったサービスを行っているところもあります。契約時は、通常の賃貸物件とは違い、敷金・礼金は不要。契約した日から利用可能で、ニーズに合わせて契約期間を設定できます。

(出典 ヨムーノホームページ)

 

ホテルのようなフロントサービスやハウスクリーニングサービスを利用できる高級賃貸マンションのことをさします。家具、家電、食器といった生活用品が備えられており、自室で調理や洗濯を行えるので、入居してすぐに日常生活を始めることができます。一般的なマンスリーマンションと同様、1カ月からの契約となり、敷金・礼金の必要がなく、電気代や水道代などの光熱費も家賃に含まれています。ホテルと比べて費用を抑えられ、広い部屋を利用できるというメリットがあります。

(出典 ライフルHOME'Sホームページ)