銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

執行役員とは

投信法における執行役員と「執行役員制度」による執行役員は以下のように異なる。

・投信法  投資主総会において選任された、投資法人の業務を執行し投資法人を代表する者、とされており、株式会社などにおける代表取締役にあたる役職のこと。

・執行役員制度  株式会社等において登記される取締役ではないが、役員としての業務判断を行う役職のことをいう。上場会社を中心にここ数年、この制度を採用する会社が増えている。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)

 

投資法人を代表し、投資主総会の招集や投資信託委託業者等外部への事務の委託等の行為を執行する。執行役員は、投信法において、3ヶ月に1回以上業務の執行の状況を役員会に報告することが義務付けられている。

(出典 日本プライムリアルティ投資法人ホームページ)