銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

新耐震基準とは

建築物の設計において適用される地震に耐えることのできる構造の基準で、1981(昭和56)年6月1日以降の建築確認において適用されている基準をいう。

これに対して、その前日まで適用されていた基準を「旧耐震基準」という。

新耐震基準は、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような構造基準として設定されている。技術的には、地震力が加えられた場合の構造部材に生じる応力が許容応力以下であるだけでなく、一定以上の規模の建物については、靱性(粘り強さ)を確保することが求められる。また、建物強度のバランスも必要とされる。

なお、旧耐震基準は、震度5強程度の揺れでも建物が倒壊しないような構造基準として設定されていた。

(出典 アットホームホームページ)

 

建物を新築する際には、どの程度の地震に、どの程度まで対応できるようにするかを決める必要があります。その目安となるのが耐震基準です。
旧耐震基準は、震度5強程度の揺れでも建物が倒壊しないような構造基準として設定されていました。昭和56年(1981)にこの基準が見直されました。これが新耐震基準で、目標は下記になります。
・数十年に一度発生する地震(東京では震度5強)の地震力に対しては、構造躯体が損傷しない。
・数百年に一度発生する地震(東京では震度7)の地震力に対しては、構造躯体が倒壊、崩壊しない。となっています。

これはあくまでも目安ですが、耐震、免震、制震いずれの方法を用いるにしろ、これを前提に建物は建てられることになります。

(出典 ライフルHOME'Sホームページ)

 

建物をどのようにつくるかは建築基準法,建築基準法施行例,建設省告示などによって定められています。地震に対して建物をどのようにつくるかもこれらの法律などによって定められ,それらをまとめて「耐震基準」と呼びます。現在の耐震基準は,1981年にできたもので,以前の耐震基準と区別するために「新耐震基準」と呼ばれていて,現在建物はこの新耐震基準にそって建てられています。

 この新耐震基準では,まず,よく起こる強さの地震に対しては建物の被害は軽くてすむことを目標にしています。しかし,建物の寿命の内に一度起こるかどうかという強さの地震に対してはかなり違ってきます。この場合は,建物にある程度の被害がでてもいいが,建物の中もしくは周辺にいる人に被害がでないようにすることを目標にしています。そのためには,建物が倒れたりしないようにしておくことが必要になります。つまり新耐震基準の目標は,地震によって建物がこわれないようにすることではなく,「建物を使う人の安全を確保する」ことと言えます。

 普通に考えると「こわれるような建物では困る」と思われます。しかし,どんな地震に対しても軽い被害でおさめるのは難しいことですし,経済的にも割に合いません。町中を見回した場合に100年前の建物で残っているものはそうたくさんありません。そう考えると,100年間に一度来るか来ないかの地震で全くこわれないほど強く建物を設計することは,不経済と考えられます。

 また,新耐震基準では,地震によって建物にかかるであろう力の大きさの算定方法も変わりました。建物の設計で使う建物にかかる地震力を算定する場合に,地震時の建物の揺れ方の性質や建物の建っている地盤の性質を加味するようになったのです。そのため,実際に建物にかかる地震力に近いものを算定して建物の設計を行うことが出来るようになり,設計するにあたってl日耐震基準よりも正確に地震による力を見積もることができるようになりました。

 さらに,バランスの悪い建物は地震の力を受けると変にねじれてこわれることがあります。そのため新耐震基準では,ねじれが,起こらないように建物のバランスをとって設計するという配慮もとられています。

 以上のようなところが新耐震基準の特徴ですが,建物に関する研究も昔に比べるとはるかに進んで,建物は確実に耐震的に「進化」していると言えます。

(出典 日本建築学会ホームページ)