銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

投資口とは

不動産投資信託において、投資家が投資法人に出資する単位のこと。通常の会社における「株式」に相当する。

投資法人は、投資家からの出資を集めて設立される法人であり、投資家が投資法人に出資する単位のことを「投資口」と呼んでいる。また、投資口を保有する投資家は「投資主」と呼ばれる。

証券取引所に上場されている不動産投資信託の場合、投資口の1口の価格(すなわち投資主の最低の投資額)は、おおむね20万円から100万円程度となっている。
投資主は保有する投資口の口数に応じて、投資法人から分配金を受け取ることができる。

(出典 三井住友トラスト不動産ホームページ)

 

投資法人に対する投資主としての持分(権利)のことをいう。株式会社における株式のこと。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)