銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

投資法人とは

投資信託の設立形態による分類上、投資を目的とする法人(投資法人)を設立し、投資家(投資主)が投資法人に出資をしたうえで、投資法人からの収益の分配を受けるタイプの投資信託を「会社型投資信託(投資法人)」といいます。投資家(投資主)は、この投資法人に出資をし、投資法人から収益の分配を受ける権利を持つばかりでなく、投資法人内にある投資主総会における議決権も持つことになります。この点は契約型投資信託との大きな違いです。欧米では広く普及していましたが、日本では1998年の投資信託法改正により導入されました。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

会社型投資信託で設立される「主として特定資産に投資運用することを目的とする」法人のことであり、投信法に基づき金融庁の登録を受けた登録法人となったのちに業務を開始することができる。投資法人は原則として全ての業務を第三者に委託し、また投資証券を発行することにより運用資金を集めることになる。発行した投資証券の払戻し方法によってクローズドエンド型投資法人とオープンエンド型投資法人の2種類に分けることができる。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)