銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

内部成長とは

不動産投資信託(REIT)で、既に保有している不動産の稼働率や賃料の上昇、管理コストや経費の削減などによる一口当たり利益の成長のこと。
これに対して、新たな不動産取得による利益成長を外部成長といいます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

内部成長とは、既存保有資産の収益性、もしくは資産価値が向上することによる成長を言い、その手段として、賃料単価や稼働率の上昇や、管理費用などのコスト削減などが考えられます。

(出典 日本リテールファンド投資法人ホームページ)

 

経費削減やリニューアル、テナントの入れ替え、賃料単価や稼働率の上昇などを行い、保有物件の収益性を高めることをいう。

(出典 野村不動産アーバンネットホームページ)

 

保有物件の収益性を高めることをいう。賃料単価や稼働率の上昇、経費の削減などにより行う。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)